CRPGまにあ

またも乗り遅れた倒叙ミステリー

投稿日:2010/04/30 |  カテゴリー:小此木鶯太郎の事件簿 「三つの謎宮」  |  コメント:8  | トラックバック:0
game000027a.jpg
フリーソフトです

「安楽椅子犯人」のページへリンク

1年ほど前にふとした切っ掛けで、初代作にあたる湖岸の盲点というタイトルの、倒叙ミステリ形式のフリーソフトの存在を知った。このシリーズは刑事コロンボや古畑任三郎などのファンの方々が作られているようで、これらの作品が好きな方には必見のゲームでしょう。

それだけに止まらず、リリース直後に期間限定で賞品付きの「読者への挑戦」を行うところがさらに盛り上がるポイントで、前作「湖岸の盲点」のときも行っていたようなんですが、私が湖岸の盲点の存在を知ったのはリリースから3ヶ月ほど過ぎていた頃だった。次回作も製作中という情報を得ていたので、「次こそは参加しよう。参加することに意義があるんだ」と熱り立っていたのに…今回も気づいてみたら読者への挑戦期間が過ぎていたという、とても悲しいスタートとなってしまいました。賞品うんぬんよりも、やっぱり期間中に自分の考察した結果を送ってみたいじゃないですか。あぁ残念無念。

どういうゲームなのかと言いますと、小此木鶯太郎という若い刑事が主役で、基本的に倒叙ミステリーなので真犯人が犯行を行うところから描写が始まり、その後、小此木君と真犯人とのやり取り、駆け引き、などを主軸に話が進行していきます。

今のところリリースされているのは

Vol.01 湖岸の盲点(犯跡探し)
Vol.03 赤と黒の境界 (消去法による犯人証明)
Vol.04 完璧なアリバイ、あります。 (犯跡探し)
Vol.05 ひとひらひらら (犯跡探し)

この4話で、Vol.01はそれ1本のみ単独でリリースされたものです。Vol.03~05は、今回「三つの謎宮」としてリリースされたものだ。Vol.02が抜けているところが粋な計らいで、Vol.02は今年の夏から秋にかけて公開される予定のようなので、次こそは絶対に期間内に挑戦したいなあ。ほんと絶対に忘れちゃいけない。

そんな訳で、前作 湖岸の盲点 は4つの犯跡を探せ、という趣旨だったんですが、4つ中1つは分からなかった。あえて書きませんが、あんなにダイレクトに描かれていたからこそ、まさかアレがって思いましてね。それで今回の3部作なんですが、これがなかなか難しい。難易度的に前回より難しくなっていまして、特にVol.03の容疑者2人の消去、そしてVol.05の3つ目の犯跡、これは一筋縄でいかないでしょう。

以下は私の愚考なんですか、ここまで読んでこのゲームに興味を持たれた方は、目を通さない方が宜しいかと思います。やっぱりこういうゲーム、ゲームに限らずドラマや映画などでも、まずは一切の情報をシャットアウトして、まっさらな気持ちで望む方が盛り上がるからね。

賞品付きの読者への挑戦期間は4月25日で終了しているので、特に制限せずそのまま私の愚考を垂れ流します。というか本来はネタバレしても別に構わないジャンルなので、そこまでデリケートになる必要はない。解答編となる作品は近い内にリリースされる予定らしいんですが、それまで真の答えは誰にも分からない。

※以下は三つの謎宮をプレイした方のみ閲覧してください。
・赤と黒の境界
消去法で犯人を証明せよ。


容疑者が3人いまして、犯人は一条伊織という人物で、この人物の視点から話が進行していきます。犯跡探しではないんですが、その犯罪の証拠が、残る2人の消去へ繋がるかもしれないので、小此木君と一条のやり取りから目が離せない。7人のテストプレイヤーのうち、誰一人正解できなかった難易度のVol.03のようなんですが、私は2人とも例の幸運のチップ「E/tender」誤植チップなんですが、これが犯人の証明に繋がると推測しているが…

・まずは江川(まだ暫定)
江川は連行されるその直前の勝負まで、「赤色の5ドルチップを1枚のみ賭ける」、これを頑なに保持していた。これが崩れたのは連行される直前の最後の賭けのみであって、この時は5ドル赤チップを全て7に賭けた。この作品のルールとして、作中に存在する情報のみを扱うということなので、江川がどこかのチップの山に幸運のチップを紛れ込ませた、などは考えないことを前提に推理すれば、江川自身は赤のチップしか使っていないことになるのと、例の幸運のチップは誰か(一条)がイクステンデッド内に持ち込み、賭けに使用していたことは完全に明白なので、「幸運のチップの色が赤色以外なら」、江川は犯人でない証明になると思うんだが、幸運のチップの「色」に関する情報が一切無い…うーん、難しい。

・ディーラー衛崎
こちらは江川よりは簡単だと思うんですが、被害者の漆間鵜月が店から出て行く少し前に、衛崎は鵜月から幸運のチップを見せてもらっている。幸運のチップは鵜月の宝物だと理解したのに、わざわざ証拠となりそうなそのチップを遺体から持ち去ることはしないだろう。さらに、衛崎はディーラーなので、客ではないから チップ=お金になる という価値観はない。なので衛崎は犯人ではない。



・完璧なアリバイ、あります。
真犯人のミスを1つ指摘する。


Vol.04はたった1ページだけという異例のシナリオで、変化球として、ジャブとしてなかなか味わい深い。これはとても簡単だと思うんですが、小此木君は「たった今、隣の島で身元不明の死体が見つかりました」と発言している。「たった今」がポイント。真犯人の六大路露花は、その釈明に自身の犯行時刻のアリバイを持ち出した。「犯行時刻の朝8時には」と。犯人しか知りえない情報の吐露。



・ひとひらひらら
真犯人のミスを3つ指摘する。


Vol.05はVol.03と並び、なかなかの長編だ。犯人の萩坂はおっちょこちょいなのか、至るところでミスをおかすんですが、その大多数を作中で小此木君は指摘し、最終的には数えるほどになってしまう。3つ目はどうやらかなりの難易度らしく、私は見当もついていません。

・一つ目は焼却炉の灰
被害者の死亡時刻は午後2時3分。これは悲鳴を聞かれているから推定ではなく断定されている。そして冷凍フグの刺身を運んできた女性ドライバーは、前日(犯行当日)午後3時ジャストに訪れた時、ポストに触れているが何事もなかったのに、次の日に小此木君達の前でポストに触れた時は、手袋が汚れてしまうほど灰がついてしまう。と言うことは、被害者が死亡しているその後に、死んだ人が焼却炉を使うことなど不可能なので、真犯人が偽装工作の為に、犯行当日午後3時以降に焼却炉を使用したことなる。ずばり指摘ではないけど、これは矛盾ですね。

・二つ目は犯行現場の手前のバス停「そこを左へ」
これはありふれたミス。犯人しか知りえない情報を小此木君の前で見せてしまった。小此木君はあえて分かり難く描いた地図を萩坂に手渡し、バス停までは示唆したが、そこからは何も語っていない。なのに萩坂は勝手に「ここは左だ」と先走ってしまう。

※2週目をプレイし閉口した。左へ曲がったことはミスではないのかもしれない。

game000032.jpg←クリックで原寸大に。

1週目は気づかなかったんですが、手書きの地図に「左へ」と書いてありますね。2週目はゆっくりと舐めるように用心しながら読んでみたが、3つめのミスに繋がる手掛かりが見つかるどころか、2つめのミスが消えようとしている。うーん、困った。

・三つ目はこれから考えよう。



以上ですが、私の浅知恵なので間違っている可能性大です。
まあでも、間違っていてもいいんです。そんなの関係ない。
こうやって楽しめることが重要であり素晴らしい。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

フリーソフト?って無料ってことですか?
無料ならやってみようかなぁ?

セイクリの方は11になってました(笑...一つ多かったです
やはり殴りエルフは少し考えさせられますね...
ちょっと試しに色々試しながらやってみようと思います

No title

その質問が返ってくるということは、こばさんはPCであまり遊ばないのかな。
フリーソフトはもちろん無料で、面白いゲームが沢山ありますよ。
未プレイですが、最近だとらんだむダンジョンという作品が話題になってます。
小此木鶯太郎シリーズは、フリーソフトの中ではクオリティーが高いですよ。

No title

だいぶ前に1作目を知っていたのですが
第二弾がでてることを先ほど知りました

ひとひら☆1つのミスは
ウエストポーチ1つと軽装で山に登ったのに
遺書の封筒にしわ一つ無いのはおかしい。って点だと思いますよ

実際、検証したらしわくちゃになりましたしね。

No title

こんばんは。
なんと!遺書のしわは小此木君が指摘したものと思っていたんですが
もう一度プレイしてみると、☆1難易度はそれで正解なのかな。
しわくちゃになっていると小此木君と萩坂の2人が封筒を確認しただけで
「だからそこがおかしい」と小此木君は指摘していないですからね。

リプレイする度に赤と黒の境界も新たな疑問が湧いてきたりして
2人の消去法も自信がなくなってきました。

情報ありがとうございました。

お初です

消去法の問題は自分と同じ。作中の「なぜか書かれていない情報」というのも幸運のチップの色だと思う。

ひとひらひららの作品は焼却炉の灰の回答正解だと思います。
あと、2人でカップラーメンを食べる前の会話。ひっかけのつもりで出した「まるひさん」の質問に対する萩坂の反応だと思う。
「わかった。それなら私に聞くのが一番だろうな」はおかしいかな。小此木君は久永の名前を出す前までは「まるひさん」と呼んでいたのにも関わらず。
「犯人しか知りえない情報」ってやつですかね?
小此木君も遠くに視線を飛ばすなど、まさかひっかかるとはみたいな反応を示していました。

あと1つの謎がわからない…。犯行現場への道順や封筒の皺もなんか違うような気がする…。

No title

どうもはじめまして。
赤と黒の境界の幸運のチップなんですが、与えられている情報を元に理屈に合ったやり方で計算してみますと、チップの色がほぼ断定できたんですが、今度は衛崎について書いたことが自信がなくなってきまして、この記事のは間違ってそう。

ひとひらの方ですけど、私も2回目のプレイ時に「わかった。それなら私に聞くのが一番だろうな」←これを見て、あ これかな、と思ったんですけど、その後にこういうやり取りが

小此木「悲しまれたり驚かれたりしないんですね」
萩坂  「はは・・・。彼奴はいつ自殺してもおかしくはなかった。また、いつ殺されてもおかしくはなかった」

こう続いたので違うのかなと思ったんですよ。私としては☆3難易度は白葉様が関係しているのかなと推理してみたり、いずれにしてもこの作品はすごく楽しめますね。

No title

ほんと楽しめますよね!ここまで自ら推理しまくったゲームは
なかったように思える。

「はは・・・。彼奴はいつ自殺してもおかしくはなかった。また、いつ殺されてもおかしくはなかった」で自信なくしてしまいました
…。納得のいく決定打ではないですね確かに…。

やっぱり封筒なのかな。破損防止のケースも現場にないことから
封筒を運んだ第三者がいたと考えるか。
白葉様は関係しているのかな。家主が殺され白葉様が保管してある
場所に埃があることから小此木君もすりかえられてると考えている
だろうし。白葉様は事件よりストーリーに絡んでいるように思え
ます。

No title

☆1は封筒のしわか、ご指摘のまるひさんかもしれませんね。
焼却炉はまず間違いないと思いますが、これが☆2なのかなあ。

今月の10日頃に解答編がリリースされるようで
それまではじっくり楽しめそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター