CRPGまにあ

英断

投稿日:2010/05/07 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
戦ノ国~もののふ絵巻~が2010年夏ごろへと発売延期になったようです

PCユーザーの戦国ファンは誰も急いではいないだろうし、急かすような愚かなことはしない。延期とバランス未調整なら、延期を選択してバランス調整を完全にしてほしいというのが私の理想だ。

唯一、延期して苦渋を舐めるようなことがあるとすれば、コーエーの信長新作とぶつかってしまうとか、これはちょっと考え物だが、それも無さそうだから問題ない。Dragon AgeとA Farewell to Dragonsみたいなのね。

戦ノ国オフィシャルサイトに様々な情報が掲載されているんですが、個人的にこうあってもいいんじゃないか、と思うことは、このゲームは全国統一することが目的ではないので(目的の一部ではあるが)、それならば最高難易度でかつ、弱小大名でのプレイなら、余程の奇跡でも起きなければ全国統一は不可能だろうと、そういう方向性もありだと思う。

それと面白そうなのは、領土が増えれば増えるほど、領地管理に不備な点が生じ始めるらしいので、これはとても好ましい。何もなければどこかのアノゲームみたいに、前線に物資と兵を輸送して、ガンガン攻めまくるだけの作業になってしまうから。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター