CRPGまにあ

Elven Legacy 日本語版

投稿日:2010/05/09 |  カテゴリー:Elven Legacy  |  コメント:2  | トラックバック:0
ElvenLegacy 2010-05-07 23-02-08-70
1C産らしくテクスチャは粗いが、目に優しい王道ファンタジーなグラフィック

Elven Legacyは2009年4月に英語版が登場したようで、ロシア産のゲームはまず最初にロシア語で祖国用にリリースして、その後、数年程度経過してから英語版をリリースしている作品が多いと思っていた。A Farewell to DragonsにPlanet Alcatrazなどは、英語版が発売される数年前からロシア語版が存在しているからね。このゲームは、開発 1C Company、販売 Paradoxで、始めからロシア以外も意識して作られているのかもしれない。

ジャンルは現在主流のリアルタイムの逆をいく、戦闘のみに特化したHEX戦風のターン制 Strategy で、マップ上の敵の配置や地形、イベントが起こりそうなマスの位置も確認して、後述しますが「黄金の勝利」を達成できるように、最短で進むにはどのような展開を行えばいいのか、じっくり思考しながら取り組むゲームです。

ElvenLegacy 2010-05-07 23-11-30-06
HEX戦、ターン制、などから戦術ゲームだね

ジャンル的にストーリーを読み飛ばしても問題ないとは言え、日本語版となると登場キャラクター達の些細なやり取りがはっきりと理解できるから、ゲームに没頭しやすくなるのでStrategy苦手な私でもスムーズに入り込める。だがしかし、忘れちゃいけないのは、このゲームは「コンピューターゲーム発展途上国ロシア産」であると言うこと。これが何を意味するのかというと、今現在のロシアは日本の発展途上時期と酷似しているのではないかと感じている。

日本のコンピュータゲーム発展途上の時期は、私の認識ではPC88全盛期からPC98に移り行く頃で、あの時代のゲームは今で言う同人ゲームっぽい要素を内包していた作品が多く、そのようなゲームは開発者のやりたいように、望みどおりに作られているものが多いので、おのずと難易度が高くなる傾向にある。

私が勝手に思っているだけですが、今のロシアは日本のPC88やPC98全盛期、あの頃のテイストが味わえる作品が多い。評価する時の視点を変えられない人から見ると、その多くは「クソゲー」に。柔軟に視点を変えられる人で、ハード好みなら現ロシア産ゲームから目が離せないはずだ。

話を戻しますと、まだ序盤とは言え、難易度ノーマルでクリアしていくだけなら、今のところそれほど難しく感じないんですが、全ての個人的な条件を満たしながらクリアするとなると、Elven Legacyは恐ろしいほど巨大な壁かもしれない

ElvenLegacy 2010-05-07 21-22-05-00
最初のステージは黄金の勝利でクリアできた

クリア時の消費ターン数によって、黄金の勝利、銀、銅、3段階で格付けされるんだが

・敵を全て殲滅する(経験値に影響)
・経験値が入手できるマスを全て網羅
・クエストが起こるマス全てに進入
・秘宝が入手できるマスにも進入
・短いターン数で黄金の勝利を目指す

この5つを目標にした場合、難易度ノーマルでさえ、2ステージ目から私は白旗を揚げそうになった。黄金の勝利を達成すると隠しステージがアンロックされるので、それを観ずに突き進むわけにはいかないだろう。とは言えユニット群の強化もしたいから、マップは満遍なく練り歩きたい。だが、その両立は極めて難しいハードなゲームだと感じた。

ElvenLegacy 2010-05-08 03-09-04-81
一つ目のアンロックステージ

わき目もふらずにクリアだけに目標を絞れば
一つ目は何とかアンロックできたが、次からが不安だ。

「難易度ノーマルでクリアしていくだけなら何とかなる」と先述したが、ユニットの配置をミスると即昇天になる場面も多い。このゲームを嘗め尽くすには、まず始めに黄金の勝利を達成できるようにプレイする。一度そのステージをクリアしたら、次は黄金の勝利を維持しつつ、どれだけ他のクエストなり秘宝なりの要素をしゃぶり尽くせるかにも挑戦する。

と言う訳で、凄く時間がかかるゲームなんですが、高めの難易度を有し、猫も杓子もリアルタイムな昨今に、HEX戦なターン制 戦術級ファンタジーゲームで遊べるというのはとても優れた長所だろう。じっくり取り組んでいきましょうか。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

こんにちは。これはまた面白そうなゲームですね。
かなりハードそうな印象を受けます。

ロシア産のストラテジーつながりになりますが、昨日King's Bounty2作
のパックをSteamで購入しました。Sacred2の合間にやっています。

まだ2,3時間しかやってませんが、絵が綺麗ですし、シンプルに楽しめる
良作ですね。昔のスーパーファミコンの良作に通じる雰囲気を感じました。
プレイしていて純粋に楽しめます。最近の日本のゲームにはない感じですね。

Elven Legacy日本語版もチェックしてみます。

No title

Elven Legacyは初見「ふーん。まあまあだね」程度に感じるゲームなんですが、その重量級具合とじっくり取り組めるというシステムに馴染んでくると、長時間はまり込める作品だと思います。リアルタイムじゃないとダメだ、というような主義じゃなく、オールレンジにStrategyが好きなら楽しめますよ。

King's Bountyはさらに良作ですね。
このタイプのStrategyで生易しいシステムだと冷めてしまうけど、難易度4つに難易度を途中で弄ることができなくて、「ゲームは勝つためにやる」という、あの御仁の台詞を地で行く硬派でやりがいのあるゲームだと思います。

犬好きさんご存知かもしれませんが、Armored Princessの方は有志の日本語化MODが完訳されたようで、英語版の姫を購入された方は導入されると宜しいですね。このMODはとあるファンのお方1人で完訳されたようで、いやー素晴らしい。

Elven Legacyはサイバーフロントの日本語版だと最安値は駿河屋の5100円で、英語版だとセールじゃないなら3千円程度が相場で、英語版の方はRanger、Siege、Magicと3本も(1本は千円)プチ拡張がリリースしているので、全てあわせるとかなり楽しめるでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター