CRPGまにあ

新たなDL販売サイト Green Man Gaming

投稿日:2010/05/10 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
本日から創業で、一部ゲームが客引き用として、とんでも価格になっています。

Green Man Gaming へリンク

game000033.jpg
安いのは押さえておいた

Green Man Gamingはゲームを購入する時に、すでに購入済みゲームをトレードできるところが新たな試みとして光る。トレードというより下取りと言った方が適切かもしれない。要は遊ばなくなったゲームを現金の代わりに代用できるってことです。

ただし、新興サイトだからか気になる点がいくつか散見された。まずは日本のクレジットカードにはその表記が無い Start date の入力を購入時に要求される。これはそのカードがいつから使用可能になったかの日付です。

もう1つは、これは私が見落としているのかもしれないけど、ゲームを購入するボタンを押し、他DL販売サイトやそれらに限らず、ネット通販なら「買い物を続ける」ボタンでまとめ買いできて当たり前だが、それができないので1本ずつ購入しなければならない。私の見落としならまだしも、これは非常に面倒だ。

今のところWEBブラウザの丸写しですが、SteamとImpulseのように専用クライアントがあるのもこちらのポイントでしょうか。このクライアントでインストールや起動の管理ができます。

それにしても £0.01 なんて価格はこれまで見たことないや。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター