CRPGまにあ

Stronghold 3が発表された

投稿日:2010/05/17 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
Stronghold 3のティザーサイトへリンク

Strategyマニアではない私なので、プレイした本数はあまり多くはないんですが、これまで最も楽しめたStrategyは Stronghold 1 の日本語版でした。Stronghold 1以降、ルールが複雑化したものや、プレイ時間が極端に長くかかるものや、戦ユニットの種類も豊富で、戦闘の歯ごたえ抜群のStrategyも沢山あったんだが、やっぱり心底楽しかったのはStronghold 1だ。

Strongholdシリーズは戦術級のRTSでありつつ、戦闘と同じくらい建設ユニットの設置と配分が重要なポイントなんですが、「重要だがそれほど精密さは要求されない」という特性があって、マニアの域に達しなくても感覚的に馴染める作風は、誰にでも愛されるゲームの資質を備えていた。

生産を行うユニットを配置し、その施設で働くNPCの動作が牧歌的な色を醸し出し、そういった「ほのぼの和み要素」が目立つ反面、建設ユニットを配置する手際よさがなかなか重要でもあり、そこらのバランスは、過去作での評価ですが素晴らしかった。

開発は1と2と同じく Firefly Studios で、発売時期は2011年のようです。過去作と比較するとグラフィックが相当パワーアップするようなので、そこらも楽しみだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター