CRPGまにあ

Greem Man GamingのトレードでThe Voidを購入

投稿日:2010/05/21 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
The Voidはロシア産のFPSエロアドベンチャーです。
詳しくは4Gamerのコレを参照。


えろい所から再生

本日中までは、Green Man Gamingの「引き落としされない実質0円セール」であった、0.01ポンドで購入したゲームが3ポンドで取引できるようです。緑男のラインナップに欲しいゲームは無かったので、それなら変り種をと The Void をチョイスした。ちなみにThe Voidは現在60%オフ中で7.99ポンドなんですが、緑男で持っているゲーム 3ポンド+3ポンド+3ポンド の3本で購入価格 0円 はできません。トレードに出す分は、購入価格以下に抑える必要があるようです。なので、The Void 購入価格は1.99ポンドでした。

game000206.jpg
High School DreamsとUplinkをトレードに出した

要するにこれは、0.01ポンドは形だけでそのままプレゼントだったようで、元手1.99ポンド、約280円でゲームが5本になった訳だ。事業を始めるんだからサービス旺盛なプロモーションなんだろうけど、さすがに気が引けるから、いずれ緑男で普通に1本買うことにしよう。



もう1つ、Steamに入荷するのを待っている状態の Eschalon: Book II なんですが、すでにImpulseとGamersGateでは売られています。もう少し待てばSteamにも来ると予想している。Impulseですが、20%オフだけどいきなりEschalon: Book IIがお安くなっているようで、Steamに拘りがないならImpulseで購入するのがお得ですね。

Impulseでの価格は現在1830円のようです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター