CRPGまにあ

King's Bounty: Armored Princess 憤怒と武器

投稿日:2010/05/23 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
サードエリアとなるBOLA島もほぼ終えたが、悩みが一つ二つ。この作品「鎧姫」は、プレイ開始時か新エリア進入時かどの段階で決まるかは不明ですが、地面に配置してあるアイテムや祭壇、お店で売られているアイテムなどがランダムに変化するようで、ここまで武器が一切お店に並ばない。同行人のジミーに持たせてあるのは超序盤で拾ったアンデッド+20%のみに剣で、アメリ姫は今だ練習用の剣を装備することを余儀なくされている。一部クエストはこれらの攻撃や防御が承諾できる規定値になっているので、さらに困りものだ。余談だがクエスト対象の敵軍勢もプレイの度に配置が異なる。

kb 2010-05-22 08-18-56-52
喋る斧クエストの戦闘

画像のサイクロプスは統率要求値が高いので今は1体しか使えないが、ユニット数が少なめで体力が多いタイプは、敵の削り程度の攻撃なら何度受けても戦闘終了後になれば実質損害がないのでかなり使える。敵1ユニットを残し、瀕死状態で生殺しにして、報賞対象の魔法だが普段はなかなか使えないものをその時に使いまくり、サイクロプスには盾になってもらう。これが体力が低くて数が多いユニットだと、被害が少ないとはいえユニット数が削られて気分が悪い。

kb 2010-05-22 07-41-43-69
こやつは苦労させられました

同エリアでも敵団体の強さに幅があると前回書きましたが、へクターはSCARLET WINDの敵だが、BOLAで鍛えてから挑んでやっと勝利できた。なので、初見「これは倒せないだろう」と感じても、MAPをうろついて倒せる敵を探して挑んでいけば、難易度ハードでも何とかなるね。

kb 2010-05-22 18-45-21-83
BOLA島を終えて

終えたと言っても「丘の上の数が多い熊」「攻撃:4 防御:4」がクエスト条件になっている建物内のアレなどはとりあえず放置してある。胴鎧もちょっと前にやっと手に入ったので、今回のプレイは武器と胴鎧の入手に恵まれてなさそうだ。

アメリ姫はメイジなんですが、ここまでプレイすれば痛感すること、「メイジだと赤いルーン(力)が足りない」。致命的に足りないレベルで、技能「魔法」でも赤いルーンがけっこうな数で必要だから悩ましいところだ。とりあえず力は、憤怒+8とチビドラゴンの経験値+20%を習得したが、そこで使用してしまった赤いルーンが相当痛手だった。さらに憤怒+8でも現在すでに物足りない。憤怒最大値を満足に上げ、チビドラゴン経験値上げもMAXにし、魔法技能の混沌などをLv3にするのは相当先のことになりそうな。

混沌をLv2にしてファイヤーボールをアップグレードしたら、それだけで少しだけ戦闘が楽になってきた。さらに上位魔術Lv1を習得して、ポイズン→ファイヤーボールなら2連続詠唱ができるようになったので、戦術の幅が広がった。他に有効に感じたのは集中で、戦闘で毎ターンごとに魔力が回復するんですが、Lv1の+2でも馬鹿にできない効果です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター