CRPGまにあ

アーセナル オブ デモクラシー【完全日本語版】

投稿日:2010/06/13 |  カテゴリー:Arsenal of Democracy  |  コメント:4  | トラックバック:0
Amazonへリンク 現在24%オフ

待望の日本語版が6月25日に発売です。


リンクして頂いている友人のgengorouさんブログで触発されて購買意欲が高まり、こちらもリンクして頂いているginkageさんにも一緒にプレイしようと誘っておきましたが、日本語版発売まで2週間を切りました。

Amazonは予約購入の場合、注文してから発送するまでの期間内での最低価格が適用されるので、欲しい品なら早めに注文しておいても問題はない。上掲したように現在24%オフにまで下がり、4618円になっています。

アーセナル オブ デモクラシーはハーツ オブ アイアンII(HOI2)をベースに改良されたゲームで、「こちら4gamerへリンク」。この記事はHOI2のものなんですが、ボードゲームデザイナーとしての鈴木銀一郎さんからの視点で語る、HOI2の魅力がよく伝わってくる必読ものの内容だと思います。

この記事の優れているところはシステム的な優劣などを議論している訳ではなく
「どの瞬間わくわくしたのか」、ここに焦点が絞られています。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

おっとっと、かなり安くなりましたねAOD。
なんか私は今年はストラテジーイヤーになりそうです。
まぁ、CIV5日本語版は今年は無理そうですけどね。

私はとりあえずSC2、AOD、CIV4、この辺を
中心にやっていきたいですね。
どれも超弩級にハマれそうなゲームなので困りものです。




No title

新品ソフトをAmazon自らが販売する場合、10~30%がよくある値引率なんですが、何を基準に数値が決められているのか謎ですけど、AoDはお買い得価格になりましたね。

SC2もやってみたいゲームなんですが、本体発売前からすでにタイトル名が決まっている拡張2本が予定されているようで、いつ始めようか悩んでしまいます。

ginkageさんはCIV4は日本語版を購入していたんでしたか。CIV5は日本語版が出るとしたらどのメーカーが手掛けるのか気になります。これまでユーザー側に惨い仕打ちを繰り返してきた大手メーカーにはびた一文払いたくないので、できればCIV4と同じくサイバーフロントに出してもらいたいんですけどね。

No title

SC2はある意味お祭りに参加するって感じもありますから
「ブリザードが新作出すぞー」って。
ブリゲー、SCに思い入れが無ければ直ぐに購入しなくても
良いかも知れませんね。

CIV4は大分前に日本語版を購入済みなんですが、
最近ちょっと思う所があって引っ張り出してきました。
近いうちにやることになると思います

CIV5はTake Two日本法人が出来たので、もしかしたら
あまり間なくローカライズしてくれるかも知れません。

No title

優等生メーカーといえばブリにBioware辺りがすぐに思い浮かびますが、Dia1と2に、BG1と2など、面白かったけど何故かそこまで思い入れはないんですよ。どっちにしても遊びたいゲームが多くてすぐに手が出せないですね。

Take Twoですけど、今のところ一度も形として見せてくれていないメーカーなので期待半分てところですね。それどころかPC日本語版は出さずにDL販売には規制をかけ、後に出るコンシューマー用の仕様変更版CIV5のみ日本語版を出すという流れも考えられます。

似ているところですとFable3とDS3など、つい最近発表がありましたが、PCの日本語版を期待しているユーザーなら、喜ぶのはまだ早いですね。

何か書き込みして頂いているのにネガティブな返事ばかりになってますけど、ginkageさんとはいつも話してる内容だし、まあいいか(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター