CRPGまにあ

エルヴン・レガシーの拡張3本セット日本語版が出る

投稿日:2010/06/16 |  カテゴリー:Elven Legacy  |  コメント:0  | トラックバック:0
5月21日のこちらの記事で予想していましたが
7月30日にプチ拡張3本込み品が5250円で発売されるようです。

4gamer記事へリンク
王道ファンタジーストラテジーの拡張版3本をセットにした「エルヴン・レガシー【完全日本語版】エクスパンションパック」,7月30日に発売


予想どおり、Ranger、Siege、Magic、3本ともセットになっているようで、その点に関しては安心。それよりも、本体だけでさえこれまで体験したことがないほど難易度が高く鮮烈で、そこへ拡張3本分の50ミッション追加とは、「やりがい」という意味ではこれ以上のゲームはそうないだろう。

まだ少しだけしかプレイできていませんが、ターン制ならではの戦術、例えば攻撃時のみではなく、敵の攻撃ターンにこちらは必殺の陣形で待ち構えて大ダメージを与えるなど、それらの戦法がヒットした時の喜びはとても高いゲームだ。

戦闘のみに特化したStrategyとして、ロシア魂を感じられる一作としてお勧めです。
本体と今回の拡張セット品も出るようなので、これから手に入れる人にも朗報だ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター