CRPGまにあ

近頃気になる融合ジャンル

投稿日:2010/06/18 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4  | トラックバック:0

UK版発売まであと1週間のDisciples 3

それにしてもDisciples 3の動画を見る度に思うのは、動画だけでこれほど面白そうに感じるゲームは稀にしかないが、三作目の評価はちょっと低い。とは言っても、それはDisciplesファンの評価であって、幸いにも私は1と2は未プレイなので、まっさらな気持ちで取り組めるから楽しめる可能性が高い。

融合ジャンルというのは「StrategyとRPG」のことで
色々と発売されるからどれをプレイしようか迷ってしまうね。

・6月25日にDisciples 3 UK英語版が発売
・7月2日にKing Arthur日本語版が発売
・7月30日にElven Legacy拡張日本語版が発売

ここ1ヶ月前後でこれだけ控えている。King Arthurは友人のブログで詳細を知ってからデモ版を少しだけプレイしたが、あまり買い過ぎるのも危険なのと、最近少し反省気味なので前回のSteamセールはあえてスルーした。25日のAoD日本語版も購入するなので、調子に乗りすぎると全て中途半端になってしまうから、さて、どうしましょう。



忘れていたからもう一つ。以前にブログに書いた Konung 3: Ties of the Dynasty も発売されたようです。GamersGateImpulseに来ていて、Impulseの方はすでにリリース済みのようだ。Konung 3はRPGで、前作2はクオリティー的にファミコンやスーファミレベルと例えても過言ではないほど古く感じたが、3からは現行ロシアゲーム並に洗練されているように見える。

いずれにしてもStrategyとRPGはプレイ時間が掛かるから、うかつに手を出せない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

お初です

初めまして。2ちゃんねるにDisciples IIIのスレッドを立てて
情報を書いたり、最近 King's BountyのスレでMOD情報などを
書いている者です。昨日、Disciples III 情報を検索し、
偶然こちらを発見しました。

拝見させて頂いたところ、内容的にも年代的にも似通ったものを感じ、
嬉しい次第です。Wizardly 8、M&Mシリーズ、HOMMシリーズ、
KB、KBAP、Elven Legacy(前作のFantasy Warsしかやって
いませんが)など、どれも好きで、とことんPlayしました。

2chで、IIIを厳しく書いていますが、ファン心理の裏返しです。
シリーズファンとしてはやはり購入しようと思いますね。(苦笑)
それにしても、最近というかここ数年のロシアのファンタジー/
ストラテジーは良いですね、雰囲気も好みです。

また、サイト内の意見を読んで、賛同するところ多く、
すごい内容のサイトと関心しています。
これからも寄らせて頂きます。

No title

>>Falagahさん
どうもはじめまして。
この動画もDisciples3スレで見つけたんですが
それ以外の詳しい情報もありがとうございます。

最近はって言うか、当たり前なんですけど、ちょうど一昔前の後期M&MやWIZ8に、BGシリーズなども知らない世代の人も増えてきて、それら名作をプレイしてきた貴重なゲーマー仲間ですね。Elven Legacyの前作は初めてここで知りましたよ。調べてみるとグラフィックはそのまんまで2007年作品なんですね。

やはり、好きになればなるほど、ほんの些細な至らない箇所が気になるもので、それはファンとして当然の心理ですね。今はアンチBethesdaですが、Morrowindの経済バランス破綻がほんと許せなくて、とことんまで愚痴ってみたり、M&M6のスクロールバグとか、M&M7後半のボーナス井戸とか、ファンだからこそ今でも許せなくて心から消えません(笑)

ロシアのファンタジー物のStrategy-RPGですが、ほんとこれはいいですね。ちょうど今は北米がエンターテイメントに走っている時期で、このジャンルにかけては右に出るもの無しと思えるほどの実績をここ数年で作ったような。

日本語版の発売も決まりましたが、ハンガリー産のKing Arthurもなかなか面白そうですし、不気味だけど味のあるゲームを作っていると定評な東欧メーカーにも、さらに頑張って欲しいものです。

ブログ内容は一部にきつい表現がありますが
またいつでも気軽に書き込みしてくださいね。

No title

BG、NWN、Morrowindなど、どれも、わくわくどきどきでPlayしましたね。
発売当時はマシンパワーが足りなくて、いろいろと工夫しながら
動かしたりして。とても懐かしい。ご指摘の部分、思い当たりがあり、
笑えます。私はバグ技を利用して一人旅とかの遊びをしていた方
ですが(苦笑)

Morrowindなんかは、今でもMODで遊んでみたりします。実はWizardly、Ultima、M&M なんかは初期の頃からのプレーヤーなんですよ。どれも後期は凄かった。

ああ、名前の綴りを間違えてました。Falagar でした(笑)
今後このNameで宜しくです。

No title

特にMorrowindは発売当初、超ヘビーな重さで苦労させられたゲームですね。
描画が重い問題は次の世代のアスロン64とGF6800ぐらいから改善したのと、マウスカーソルのことはFPS Optimizerが効果大でしたが、MorrowindのUIはやっぱり絶品だと思います。瞬時に把握できる情報量がとても多く、続編の体たらくが残念でなりません。

では三大RPGは初期からプレイヤーなんですか。私はUltimaは4からでしたが、3シリーズとも懐かしさで一杯です。

Falagarとは、M&Mの爺さんの名前のような。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター