CRPGまにあ

Eschalon: Book II ある意味CRPGの正統な集大成

投稿日:2010/06/19 |  カテゴリー:Eschalon: Book II  |  コメント:2  | トラックバック:0
いきなり結論のようなタイトル名ですが、あながち間違ってはいない。近々パッチ1.04が予定されているようですが、待っていられないので始めてみました。まずはキャラクタークリエーションで、私はRPGをプレイする時は、魔術師系を選ぶことが多い。

その理由としては、やはりRPGの楽しさが最も凝縮されているところが魔法である事。もう1つは、魔術師系は序盤、ゲームを展開させるのに苦労することが多いが、中盤を過ぎ後半に差し掛かるころには形勢逆転して、そこからは強大な魔力で敵をなぎ倒すことができる。

Eschalonの場合は、Divination、Elemental、いわゆる「魔」「僧」という2系統だけしかないので、魔法は至ってシンプルです。今回はDivinationとElementalの両方を取って、魔法を完全に極めるキャラを考えてみたが、欲張りすぎて逆に個性が無くなりそうだから気が引ける。以前にも書いたがCartography Skillが重要なゲームっぽいので、それはかならず選ぶとして、タイプ的には僧魔法を使うキャラクターとして作ってみた。

book_2 2010-06-19 08-56-35-36
自宅前に置手紙をしたDarusが暗殺されてしまった

Eschalon IIのプロローグは、主人公はジェムストーンを巡るゴブリン達との紛争に身を置いていたが、戦況は芳しくなく、さらなる脅威がThaermore(この世界)に広がったときに逃げ出した。船で北へ航行し、たどり着いたEastwillowという村の側の小屋を買い取り、そこで孤独に釣りなどで糧を得て暮らしていた。そんなある日、主人公宛てにとある人物から「Eastwillowで待っている。是非お会いしたい」という旨の手紙が届くところからゲームが始まります。

システム的なことですが、見たとおり昨今俄かに流行っているオールドスクールRPGなので、PCへの負荷は無いに等しい。だが何故か、私の環境ではDX9で実行すると、ハイパワーのメイン機の方がマウスカーソルの動きが遅くなる現象に遭遇してしまった。これは実行時にDX7、或いはOpenGLを選択すれば改善されました。

前々回くらいの記事に、「ポイントクリックで移動」と書いたんですが、正確にはそれとはちょっと違い、キャラを中心にカーソルの矢印の向きが変化し、クリック時はその方向へ移動するというもので、最初はちょっと面食らったが、「Wキー」のオート移動を併用すれば、とても快適な操作性となった。

book_2 2010-06-19 17-24-24-17
墓場裏でネズミと激闘

まずは生き残るだけで、日々の糧を得るだけで精一杯だ。時間と共にお腹が空き、喉も渇き、敵と戦えば武具はもちろん痛み、歩き続けるとブーツも痛む。それら食料や修理代だけでも序盤は破産しかねないから、計画的な管理が重要です。

地味なゲームながら、書きたいことはけっこう沢山あるんですが
追々やっていきましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

Your destiny is a part of the Mandate of Heaven.
そう。MM6のFalagarです。HOMMのWizardでもあります。(^^)
いや本当にここのサイトは凄い情報量ですね~。それに私なんかより遥かに
多くのゲームをPlayされてる。凄いです。Eschalon面白そうですね。試してみようかな。お腹が空いた。昔のDarkStoneを思い出します。妙に素敵なミュージックビデオ動画が付いてて今でも思い出します。DarkStone will Shine~♪

No title

MM6のオープニングムービーは
井戸の中のFalagarがとても印象的でしたよ

ここ最近は触るゲームの本数は増えたんですが、最後までやり通す数が以前より少なくなっているので、DL販売は良いことばかりではないなとちょっと反省しているところです。しかしDL販売は今後さらに発展していってほしいですけどね。とは言え日本人にとっての、海外企業が運営するDL販売サイトは、これ以上普及させるのは難しそうですけど。

DarkStoneは未プレイのゲームですが、調べてみると吹き替え版がちゃんと存在するんですね。別ゲームですがStronghold1なども素晴らしい日本語移植でしたが、昔はPC専用タイトルでも吹き替えがけっこう存在していて、現在からは考えられない事ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター