CRPGまにあ

Ascension To The Throne

投稿日:2010/07/08 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:4  | トラックバック:0
GamersGateで1C Company 75% OFFセールが行われていて、そのラインナップの多くはお馴染みのゲームばかりだったが、珍しくセール対象に含まれた Ascension To The Throne 75%オフ が際立っていたので購入した。

ATThrone 2010-07-06 23-48-16-10
2006年に発売している

このゲームも当ブログでは恒例のロシア産、そしてジャンルは Strategy-RPG で、序盤プレイでの印象は、どちらかと言えばRPG色が濃い作品だと感じた。一見すると、一昔前のグラフィックに無骨なシステムなどがマイナスとして目に映り、ここ数年盛んな北米産の概念的にJRPG化したゲームとの対比がすごいが、このゲームはなかなか(ぎりぎり)ツボを押さえている。

ATThrone 2010-07-07 01-25-50-35
男も女も半裸でスタート

主役の名は Alexander。Airathという国の王だったが、王宮使い魔道士に裏切られ、家族も仲間も皆殺しにされ、激闘の渦中に浴びた魔法で鎧を砕かれ、体も砕かれたように見えたが、自身は見知らぬ世界に1人放り出された。という冒頭なんですが、最初に謎の親切なおじいちゃん、その直後、半裸のお姉ちゃんがお出迎えしてくれます。

RPGらしく序盤からクエストを山盛りで依頼されるんですが、やっぱりロシアゲームらしく序盤がきつい。新生King's Bountyのように兵団を雇う必要があり、その資金が全く足りないし、兵数の上限に関わっている Authority(権威)も低く、さらには主人公はほぼ丸腰なので、戦闘に突入するといきなりお荷物になってしまう。

最初は町で依頼される借金の取立てや、鉱石を入手して武具を拵えてもらうクエストから取り掛かったほうがいいだろう。それから農民を雇い、戦闘を行うクエストに挑んだ。

ATThrone 2010-07-07 01-45-34-13
ターン制 ヘックス戦闘です

新生King's Bountyと全く同じジャンルなんだが、出来としてはあちらが断然上だ。キャラクター育成的にもKing's Bountyは良い意味で悩ましいポイントが多く、幅も広いが、このゲームは装備にしろ魔法などもかなりシンプルな印象を受ける。

ATThrone 2010-07-07 03-38-20-35
半裸のヘルガ姉さんも仲間に。

いくつか気になる点があるものの、シンプル故にストレートに楽しめそうな素質がありそう。



詳しく分からないが開発のDVSというメーカーはウクライナなのか。
どうやらスタンドアローン動作の拡張 Ascension to the Throne. Valkyrie という女性が主人公になった続編も出ているようだが、こちらは取り扱う品が豊富なGamersGateですら販売していない。とてつもなくマイナーなゲームだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

Falagar です。
こりゃまたすごい半裸のお姉さんですね。
マイナーゲーム。素敵な響きです:-)

ターン制 ヘックス戦闘はのんびり楽しめるので好きですね。
昔はDiablo1,2とかDungeon Siege, Divine Divinity
RTSだと Warcraft,Age of Mythrogy,Majesty,WarLords Battle Cry
とか一所懸命プレイしていたんですが、どんくさいせいか
年のせいなのか、最近はターン制ゲームでゆっくり考えながら楽しむ
ばかりです。(苦笑)

To:Blackstar さん
リンク先にあるそんときそんときの方なんでしょうか?
違っていたらごめんなさい。
Stronghold は面白そうなのですが、RTSなのでしょうかね?
ムムム。

Disciples IIIの情報は現在2chが規制中なので何も書けずですが、
そろそろ人も増えて来て、スレッドも荒れると思いますので、
2chは引退ですね。何か面白い情報がありましたら、またこちらで
話させて下さい。現在、ロシア語版のおまけつきを、なんとかして
購入しようとしているのですが、ロシア語圏から購入する言葉の
壁は厚いです。いやホント。

No title

なんだか微妙に嬉しくない半裸ですな!
それにしても1Cのゲーム、お好きですねw
妙な魅力があるんですよねぇ、この会社のゲーム。
このゲームも凄い気になってたんで、参考になります。

>Falagarさん
いえ、また別のブログをやっております。
(稚拙なサイトですが、名前横の「URL」から、よければ)。
StrongholdはRTSですが、生産は自動化されてるのでさほど忙しくは。
城の建築と防衛メインの、TowerDefenceに似たゲームです(初代は)。
あまり値下がりもしないんで、なかなかお勧めはしづらいんですがw

No title

Falagar です。
Disciples III のダウンロードデモ版が正式に発表されました(今さらと思うのですが)
http://forum.kalypsomedia.com/showthread.php?tid=5278
ねむいです・・・おやすみ

No title

>>Falagarさん
静かな時と動き始めた時の差があればあるほど燃える性格のようで、私は元からターン制が好きなんですよ。それと仰るように、シングルプレイでのんびりできるのも利点ですね。

Disciples3デモきたーと喜んでみたら、デモで3.7GBもあるんですか。
ロシア産にしてはテクスチャがリッチに見えますが、それで容量が多いのかな。

そんときそんときは友人のginkageさんのブログですよ。
BlackstarさんブログはURLを張られていますが、同じFC2ですね。

ロシア語版のオマケとは、ほんと好きなんですね。
しかしながら、いまだ未プレイの私でもDisciplesには惹かれる何かを感じますから、好きになるととことん惚れ込んでしまう作品なのかな。書き込みは何でも好きなだけどうぞー

>>Blackstarさん
他にも半裸の御姉様が登場するようですが、ゲーム自体がごつごつしているから
ちょっとばかり濃くても戦場に咲いた一輪の花に見えてしまいます(笑)

ゲーマー本能として最も面白くスリルがある所へ流れていきますから、そうなると現状ではやっぱりロシアで、1Cは昨年辺りから勢いが出てきたような。良質ゲームだけではなく、ちょっと変わったゲームも味わえるので、興味が尽きないですね。

Ascension to the Throneの他にも
Fantasy WarsとUFO Trilogyも購入していて、ほんと1C漬けです(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター