CRPGまにあ

FF14ベンチについて

投稿日:2010/07/09 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
PC版が半年ほど先行して再来月9月30日に発売するということで、それに先駆けて「大変重いベンチ」という触れ込みでベンチマークが先日リリースされましたが、それらについて一言。

FFXivWinBenchmark 2010-07-01 17-18-37-71
HIGH設定 1920x1080 FullHDでのスコア

LOWだと6コア動いている(シーンによってばらつき有り)
WS00000vb1.jpg      WS000vb002.jpg
LOWHIGH

・Phenom II X6 1055T 250x14 3.5Ghz
・Palit GTX260 SP216 core700/mem1200/shader1512

私のPCは上記の構成で、少しばかりOCしていますがスコアにはあまり影響しない。

このベンチマークは配布元のSQUARE ENIXが掲示している快適ラインスコアが非常に高く、SQUARE ENIXは5年先のPC構成を見据えて作ったと公言しているが、それは5年先でもベンチマークとして、MMORPGとして風化しないようにする為であることが最も大きな狙いだろう。

他人が重いと言えば、情報サイトがヘビーと言えば、それだけで信じ込んでしまいそうだが、STALKER CSとCoPベンチの方が重い。それこそUnigine社のHeaven Benchmarkの方が重いかもしれないし、3DMARK VantageならFF14ベンチよりも明らかに重いだろう。

重要なことは「フレームレート」であって、例えば上記構成HIGHモードでFF14ベンチを動かした場合、最もフレームレートが落ち込んだシーンはクラゲのような化け物が沢山出てくるところ、ここでFPS 30を一度下回っただけだ。それ以外のシーンはFPS50前後を推移している。LOWモードの1280x720ならスコアは4300程度でしたが、LOWだと最も落ち込んだクラゲシーンでFPS 45だった。

NVIDIAのGPUは若干相性が悪いようで、さらにGTX260という一世代前のGPUですが、アンチエイリアシング無しのFullHDで最低FPSが瞬間的に30を下回っただけという、ここが大きなポイントなんですが、これ以上何を望むのだと言いたい。十分ではないか。

解像度を横1680、1600、1440、1366、1280などに下げれば、それこそ普通に遊べるラインはさらに下がるだろう。Intelデスクトップ用ですと、優秀かつお安いWolfdaleコアの面々、Celeron E3???やPentium DCや、AMDだとAthlon II X2 or X4など、これらでさえ私から言わせれば強力なCPUだが、これに前々世代からCPが優れていた定番のGF9600GT、9800GT(8800GT)、この組み合わせでさえ解像度を下げれば十分快適ラインなフレームレートを実現できる。

MMORPGでは回線インフラにも快適具合が左右されるし、沢山のプレイヤーが同じ場所に集まると極度のラグでカクついたりしてしまうが、それはどんなネットゲームにも付き物だ。

私はまだ大人に成り切れてなく、ここ数年0083のバスク・オムの心境なんだが
やはり我慢しよう。ここまでにしておこう。



来年になればローからアッパーミドルまでのパソコンが全て、AMDですとコードネームFusionのようなAPUに刷新され始めるので、ちょっと時期的に悪かったFF14だ。

IntelのSandy Bridge世代の統合品、そしてAMDのFusion、どちらが優れているかなんてゲーマー視点から見れば些細なこと。初代Pentiumから20年ほど経過しているが、やっとこれが「第二期」かもしれないという、遅かった進化だ。早くAPU時代に突入して欲しい。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター