CRPGまにあ

Ascension To The Throne - Konici Wa, DVS-san

投稿日:2010/07/14 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:6  | トラックバック:0
それにしても徳川の城とアーサー城が隣接しているとは、ゲームとは言え暴走気味だ。アマゾネスのエリアから南下して、徳川エリアにやって来たが、領主と会うのがとても楽しみだ。

ATThrone 2010-07-14 05-00-59-42
片言の日本語を話すアレクサンダー王

米国のゲームで日本文化をリスペクトしているものは過去にいくつか体験したが、ウクライナのデベロッパーだと思うんですが、意外な展開にちょっと驚いた。徳川さんは「我らの言葉が分かるのか?」と返し、和気あいあいな流れになるかと思ったが雲行きが怪しい。

徳川さんはアマゾネスエリアで頼まれたクエストに関係している人物を拉致監禁中で、その人物を救う為に敵対しなければならない定めだったのです。

ATThrone 2010-07-14 05-21-33-53
後半はEneyaと共に行動することになる

ゲームシステム的に視点位置が違うだけで、新生King's Bountyと直球で同じジャンルの本作ですが、共通するところが多いので興味深い。初代作の主役はマッチョな男性、続編は女性、そして両者に接点があるということ。

ここでEneyaが1つの案を出し、その計画を実行する流れになった。
深夜に忍び込んで目的の人物を救出すると。

そして夜更けに城内へ潜入し、救出対象のフレデリックを助け出したが
徳川さん一味にみつかってしまい結局戦闘になってしまった。

ATThrone 2010-07-14 05-23-25-33
単騎ユニットとしては強い徳川さんだが

このゲームは主役アレクサンダーであろうと、どれだけ強くても単騎ではただの悪あがきレベルの強さでしかない。1ユニット最大10体で構成されるので、10体のアマゾネス部隊に投げ槍攻撃をされようものなら、屈強な男子ユニットでも即死してしまう。

無論、徳川さんも一瞬にしてあの世へ旅立たれたが、そりゃそうだ、これはどう見ても家康旗下の徳川軍じゃない。この徳川さんは私に言わせると「上杉謙信と武蔵坊弁慶に憧れているジャイアン」にしか見えない。

本物の精強三河軍で、さらに画像のような平野での野戦ならば
アマゾネス部隊だろうと、どこぞの国の精鋭であろうと、蒸発させられる。

ATThrone 2010-07-14 05-25-29-91
おい、君だけこの世界で浮いてるぞ

救い出したのはダンディな御仁だ。この為に命を賭けたのが馬鹿馬鹿しいが、フレデリックは有益な情報をいくつか提供してくれて、今後の指針も示してくれた。向かうはエドワードの城であること、アーサーエリアのSuntownから船が出ていることも。

フレデリックは解雇ができないので、Eneyaと並んで重要人物のようだ。



ここからはユニットのデータなど、画像のみなので見たい人だけどうぞ。
ATThrone 2010-07-14 15-29-10-04

何だかんだで一気にレベル30まできた印象を受ける。戦闘中にこれだけ存在感がない主役も珍しい。KBのアメリは1人で敵兵団を滅殺できる魔力を備えていたが、アレクサンダーはおじさん単騎ユニットなので 囮orタンク にしかならない。だがアレクサンダーが死ぬとその場でゲームオーバーなので、HEALTHを重点的に上げるのが得策だろう。画像ではEXPERIENCE POINTが40も貯まっている状態で、EP1で現在POINT VALUEは23。EP5をつぎ込めばPVが1ずつ高くなるので、振れば振るほどPVが高くなる訳です。ちなみにDAMAGEには一切振っていない。

ATThrone 2010-07-14 15-29-05-42
ATThrone 2010-07-14 15-29-08-07
リングはこの2つ

自身よりもユニットを強化した方が断然お得だ。Shooting RangeとSpeed共に +1 になっているが、実際のユニットにはさらに高く反映されるからとても強力です。

ATThrone 2010-07-14 15-29-20-60
アマゾネス最強ユニット。最終的にこのユニットで染める予定

ATThrone 2010-07-14 15-29-26-50
こちらもなかなか高性能

ATThrone 2010-07-14 15-29-31-20
Eneyaさん。単騎ユニットなので強めの設定

ATThrone 2010-07-14 15-29-40-07
あっという間にここまで。もう少しだね
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

Falagar です。
ははは。とばしてますなあ。何か楽しそうですね。このゲーム。
>日本文化をリスペクト
今でも持っていますが、「Throne of Darkness」が抜群でした。
Diabloクローンで、まさしく外国映画内の日本なのに
登場人物、名前がやたらと専門的だったり、作成会社の愛が
感じられる珍妙な一品でした。私内のB級王者かもしれません。:)

D3のスチームダウンロード版はいくつか特典が付いていそうで
良いですが、もしかするとマニュアルが付いて無い可能性があります。
(現ダウンロード版は全てマニュアルが付いてません)

まあ75Pもあって見るのも大変なんですが、ちょっとマニュアルを
見ないとD2をPlayしていても判りにくい箇所があったりします。
まあ、また購入後、お知らせ下さい。Good Night !

No title

Falagarです。
D3のPDFマニュアルがGamersGateで配布されました。
http://manuals.gamersgate.com/disciples3_manual_en-us.pdf
これで、問題は無しですね。

No title

PDFの方がマニュアル本よりよっぽど読みやすいです。
なんかくやしいなあ(^^;)

No title

>>Falagarさん
Throne of Darknessは未プレイなんですが
検索してみるといきなり「Edo Wakizashi」とか(笑)
中古なら日マ版が700円ぐらいからありますね。

PDFマニュアルの情報をありがとうございます。
言われてみれば、風情が無くなるとは言え、両手を使わずに読めるPCモニターマニュアルは優れていますね。Disciples3を購入するのは間違いないんですが、SRPGだけでもKB Legendに、King Arthurも購入したし、そのうちKB Crossworldsも出てきますからね。

Steam版のVersionがどうなのか、拡張の情報なども
もしかすると日本語版のことも。数ヶ月ほど様子見してみようかなあ。

No title

Falagarです。
>Steam版のVersionがどうなのか、拡張の情報なども
>もしかすると日本語版のことも。数ヶ月ほど様子見してみようかなあ。

そうですね。現在、Steam版もUS版も初期不良がある様子で、
起動しなかったりしている様子です。
公式フォーラムでも回答に大わらわしている様子です。
幸い、私の購入したUK版は致命的なバグは無く、
キャンペーンを最後までプレイできましたが。

細かなバグは一杯あるので、全て対応するにはかなり時間がかかる
でしょうね。まあ、ロシア版の時から既にそうだったのですが、対応
もそれほど速くないです。のんびり待つしかないですね。(苦笑)

Kalypso media のTIMOさんに聞いたところ、
日本へのローカライズは考えてくれているそうですが、
これらのバグ修正と拡張版の種族追加、ネットワーク
マルチプレイ対応が優先だと思いますので、
これもまたかなり先の事と思います。
おそらく半年以上先でしょう。(苦笑)

まあシリーズファンとしては気長に待ってます。

No title

>>Falagarさん
すでにキャンペーンをクリアされたんですか。
3つあるからその内のどれかなのかな。

私のように急いでいないユーザーなら
もうちょっと様子見するのが得策っぽいですね。
マルチプレイはさておき、バグ修正を第一に
拡張などに力を入れて欲しいなあ。

Kalypsoに直談したんですか。
一番望ましいのは元から日本語が含まれていることですが
それは夢のまた夢ですねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター