CRPGまにあ

Ascension To The Throne 解放戦

投稿日:2010/07/18 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:5  | トラックバック:0
これを書いている現在、すでにクリアしているので
忘れないうちに記録しておこう。

ATThrone 2010-07-15 01-52-47-62
Eneyaの故郷ANNAROTH

前回のラストでEneya姉さんからヘルプ要請があり、フレデリック船でANNAROTHに渡航した。ここからはもう最後の詰め。御覧のようにANNAROTHは移動可能範囲が狭く、ほぼ一直線です。

ATThrone 2010-07-16 02-41-55-82
Rafaelは後半のキーパーソン

かなりすっ飛ばしていますが、Eneyaと合流してからRafaelが守るWarland城へ入った。Warlandは敵兵団に包囲されていて、それらを撃破していくのだが、ここに来て数的に充実してきたアマゾネス部隊の強さは常軌を逸している。

このゲームは中盤以降、友軍ユニットをアマゾネスばかりで揃えた場合の戦闘フィーリングは、「スペア・ストライクが100%出ると分かりきっているボウリング」、この表現が最も適切だろう。まだもうちょっと先の話だが、ラスト戦の敵以外、アマゾネス部隊10人なら、敵兵団10人をワンチャンスで確実に仕留められる。うーん、大味を飛び越えて美味だ。



ちゃんと記録していないが、ANNAROTHはオール完封だったかもしれない。破竹の勢いでWarlandを解放し、次こそ最終エリア、アレクサンダーの故郷Airathへやってきた。

ATThrone 2010-07-16 03-27-18-00
Airathも狭いが、最後にしてはお遊びが沢山ある

後半の目的、そして倒すべき敵、それらの事情など。この物語の冒頭でアレクサンダー王に反逆し、Airathを死地に変えた大魔道士 Wolfguard には悪魔が憑いていたようで(ありがち)、Wolfguardに憑いた悪魔の他にも2体、合計3体の悪魔を倒すという展開になります。

ATThrone 2010-07-16 03-24-58-47
このゲームは日本産RPGの影響をかなり受けている

悪魔の1体はすでにRafaelが倒したようで、残りは2体。AnshanにいるVELIAR、そしてMorrion城にいるWolfguardに憑いているSAMAEL。アレクサンダー以外の3人はMorrionまでの道を確保することになり、Anshanへはアレクサンダー単独で乗り込むことになった。

ATThrone 2010-07-16 03-36-19-80
奇奇怪怪

「西から昇ったお日様が」というお馴染みの歌詞がありますが
海から昇るお月様も滅多に見れるもんじゃない。



Anshanの門には敵方のNPCが常駐していて入ることができない。アレクサンダーはこの国ではすでに故人となっているが、うかつに顔を見られたら騒動が起きてしまう。なので巡礼者に変装し、城門のNPCを騙して城内に潜入することになった。

城内では奴隷として身売りされそうになっていたAirathのアマゾネスを助けるクエストなどがあり、奥へ進むとVELIARと戦闘となった。

ATThrone 2010-07-16 04-54-05-02
なかなか強そうだ

ラスボスの前座でもあるVELIARはヘルスも高いし、その醜悪な容貌からして身構えてしまうが、アレクサンダーが身構えている間にアマゾネス部隊の玩具と化した。もちろんボウリングのピンという玩具に。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

Falagarです。
暑が夏い・・・。夏に突入しましたね。
ゲームも佳境に入っていよいよ終盤ですかね?
半裸お姉さん軍団の戦闘シーンを見てみたいなぁ。:-)

前回のD3状況の続きをこちらで

>すでにキャンペーンをクリアされたんですか。
>3つあるからその内のどれかなのかな。

いつもながらゆっくりプレイしているのですが、
キャンペーンはEmpireとLegions of the Damnedを終えてElfの
最初を少しPlay後、休止中です。
Map(Hotsheet)が割と面白いので、
バグが結構あるのですが、
設定を変えていろいろ試しているところです。

>Kalypsoに直談したんですか。
>一番望ましいのは元から日本語が含まれていることですが
>それは夢のまた夢ですねー。

http://forum.kalypsomedia.com/showthread.php?tid=5348
(Kaz alias Falagar)

あちらのフォーラムでは現在、US(北米)版がDRMもしくは
ディスク不良のせいで起動しないらしく、週明けの対策パッチを
待っている人や、昔ながらのD2ファンで、バランスの悪さやAIのひどさや、
バグの多さやその他いろいろあきれている人などの投稿が増えてきて、
まあ、落ち着く迄には時間がかかりそうですね。対策パッチ後は
もっとひどいでしょうね。

一応、バグ修正パッチも、もうすぐでるそうですが、未だ確定していません。
昔の Heroes of might and magic 4 の時の状況に似ているなぁ。
私の方は、ゲームするよりForumを見たり書いたりする時間の方が多かったり(苦笑)。
結構楽しんでます。

No title

>>Falagarさん
今年も暑いですね。
私はエアコンの冷房が苦手なんですが、メイン機はそこまで高熱マシンではないんだけど(X6 1055TにGTX260)、それでもメイン機をオンにすると途端に部屋の温度が上昇してしまいとても不快です。サブ機の方では部屋の温度は変わらないので、来年からはメインマシンをFusion Llanoにしようかなと考えているところです。

ATTTは数日前にクリアしたんですが、なかなか面白かったですよ。
続編は女性キャラが主役なので、半裸度数もかなり増しているかと(笑)

D3ですけど、ということはすでに残りはキャンペーン1つなんですね。
公式情報にプレイタイム70時間とあるので、それなら100時間は余裕で遊べそうかなと思っていたんだけど、そうでもないのかな。

起動しない問題もあるんですか。それは楽しみにしていた人にはきつい仕打ちかもなあ。
でもこういうのって風評に乗せられて、過度に騒いでしまいがちになるから、ダメな時は放置して待つのが得策ですね。

稀にパッチや拡張で生まれ変わる作品もあるし、これからプレイしたいゲームも他にあるから、私はもうちょっと静観してみようかなあ。せめてパッチがいくつかリリースされてからでもいいですね。

あのTitan Questは3つめか4つめのパッチで生まれ変わってますし、拡張でH&Sとしての名作へ仲間入りした奇跡の一品かもしれません。そうなるのは難しいけどね。

No title

おっと、KazさんがFalagarさんなんですね。
ご指摘のとおり日本人はやっぱり日本語でプレイしたい方が多いようで、仮に自身が英語堪能だとしても、自分はそれで楽しめても周りに仲間がいないと孤立している事実は変わらないので、やっぱり日本語版が待ち望まれますね。

メタスコアは3つほど意図的な何かを感じるほど
ありえない低スコアをつけている所がありますが
あれはちょっと酷いなあ。いくらバグ満載だとしても
20点はちょっとおかしいだろうと思ってしまいます。

No title

Falagarです。
ゆっくりとはいっても1日に入手してから合計して40時間ぐらいはPlayして
いますかね。キャンペーンはEmpire 6 Legion 6 Elf 7 マップあって
最後の方はファイルサイズを見ても大きそうなので、これからもっと時間が
かかるかもしれません。KAZはアバターです。(^^)

スコアが低いのは、バグの他に、比較される他のゲーム、
KB、HOMMの影響が大きいでしょうね。名作だったD2の
ファンも沢山いますしね。

日本語化は文字表示プログラムを変更してくれれば
すぐにできるようになっているのですが、現状では1バイト文字
しか表示できないですからね。Morrowind の時のように、
日本語表示パッチプログラムを作ってくれる方がいれば有難い
ですが、あれは謎の技術ですね。



No title

>>Falagarさん
マップの広さがぴんとこないんですが
12マップで40時間なら、なかなか密度は濃そうですね。

Morrowindの発売当時はユーザーWikiも
ユーザーによる日本語化MODも一部のゲームしか存在しない頃で
ゲームとは別ツールの旅の手帳とか、ありましたね。

一番いいのは英語版発売前から日本語版のリリースが決まり
その情報を前もって流してくれることですが、難しいんだろうなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター