戦女神2 - 18禁RPG

DrakensangにArsenal of Democracy、そしてEschalonなど
高尚なタイトルを掲げておいて、今回はエロゲーです。

RPGという略称だけでは一括りには出来ないほど方向性は様々で、自らが敬愛するジャンルは細分化して陶酔したりしていますが、対象が人それぞれなだけで、誰でもあることでしょう。それとはちょっと観点がずれるかもしれないけど、戦女神シリーズは「エロ抜きにしてもRPGとして非常に優秀」という評価が大多数を占めていて、興味が湧いてきたので購入してみた。

戦女神シリーズは4作品発売していて、戦女神(1999)、戦女神2(2002)、戦女神ZERO(2008)、戦女神VERITA(2010)、購入したのは初代作のビジュアルノベル版が同梱された戦女神2の廉価版。購入前に今年発売された新作VERITAデモを試してみたんですが、シリーズ物によく有りがちな、ある意味ファンディスクと例えてもいいほどいきなり新規プレイヤーは置いてきぼりな展開で、ストーリーをよく知って感情移入したいのなら、戦女神のビジュアルノベル版から始める必要があると感じた。

予想では大方のあらすじを断片的に5~10分程度で概説する初代作ビジュアルノベル版だろうと高を括っていたら大間違い、素早く読んでも4~5時間、私は何事もゆっくりなので7時間かかりましたが、それほどの力の篭りようだった。

やっとこさ戦女神2のプレイを開始した段階なんですが
一部操作に関するUIに不備な点があるだけで、これはなかなか楽しめそうな予感。
Last Modified :

Comments







非公開コメント
No title
買っておいた戦女神2廉価版、ようやく開封して前作の小説版を読み終わりました。うちの環境(Win7SP1 x64)ではちゃんと動かなかったので、VMwareのXPモードで動かしました。
で、そのまま本編へいくはずが、なぜか積みゲのDisciples2を始めてます・・・あれ?
2011-03-18-06:53 Flexscan
[ 返信 * 編集 ]
No title
>>Flexscanさん

そういえばだいぶ前のエントリーで戦女神2を購入したと書かれてましたか。
戦女神2は音声を飛ばさずに会話を聞いて、ダンジョンも細部まで探索すると100時間はかかるから
プレイするのなら気合がいりそうです。

というか、Flexscanさんが国産18禁紙芝居ゲームをプレイする姿を想像できないですよ(笑
2011-03-19-06:52 S
[ 返信 * 編集 ]