CRPGまにあ

こちらも見逃せない Patrician 4

投稿日:2010/08/24 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0


公式サイトが刷新されていたので
Patrician 4 Official Site

このゲームの本国ドイツでのタイトルは Patrizier 4 です。
こちらAmazon UKの英語パッケージ品の発売日が9月10日になっているので、すでに英語版発売間近なのか。もしそうなら悩ましすぎる良作ゲームリリースの連発だ。

以前にも書いていますが、日本人に分かりやすく解説すると、Patrician 4はセイクリッド2の開発メーカー Ascaron が、倒産を機に社名変更されたGaming Minds製の作品です。前作は7年前に登場し、メディアクエストから日本語版が発売されていた。ちなみに私はパトリシアン3日本語版を持っています。

このシリーズの特徴を大まかに列挙すると
・貿易が楽しい
・海戦ゲーム
・Strategyにしては主人公というプレイヤーの分身が目立つ
・Ascaron特有のドライな作風
・ドライだが行ったことに対しての見返りは必ずある
・相当やり込めるシステム

前作3は7年も前という事で、いま見ればかなり古く感じるが、本作はグラフィックが申し分ないほど美しい。Ascaron(Gaming Minds)はデザインセンスに長けていたメーカーだと思っていますが、最新グラフィックとセンスが融合され、とても華やかなプレイ風景となるようです。

ただし、販促ムービーを見る限り、前作から大きな仕様変更は無さそうで、前作のシステムを若干改良したものを最新エンジンで動かしているゲームに見える。なので、前作や前々作をしゃぶり尽くした人には、そこまで魅力的と思えないのではないだろうか。私はパトリシアン3を所有しているとは言え、やり込んだと発言するには程遠いから、プレイする価値がある。

・遊びたいゲーム
Elemental: War of Magic
Disciples 3 + Add-on(まだまだ先だが)
Patrician 4
Civilization 5
他にも沢山

去年は「一応PCゲームも出すよ的な米国と欧州の大手産コンシューマー良作RPG」ラッシュでしたが、今年はPC良作Strategyの年か。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター