CRPGまにあ

Master of Magic - Strategy RPGの古典

投稿日:2010/09/10 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:13  | トラックバック:0
Elemental: War of Magicの祖先と表現するべき作品か。

Wikipediaに拠るとStardockは権利を買うつもりであったという記述があり、公言してのリスペクト品になるのか。実際に触ってみると、前作と称されても違和感ないゲームですが、16年という歳月の開きから、内容以前にユーザーインターフェースの取っ付き易さでは後発に軍配が上がる。

game000538.jpg
GOGで価格600円

Elemental Version 1.08リリースまでに少しでも触っておこうと購入したんですが、時代の流れは酷なものだ。やはり私もインタラクティブシネマの洗礼を少なからず受けているようで、開始直後は戸惑ってしまった。

Master of Magicは今尚語り継がれる名作のようですが、何が驚くってそりゃもうヘルプ機能でしょう。この年代の作品とは思えないほどの充実ぶりで、右クリックにより、ふきだしや巻物型のヘルプがきっちりと表示される。

game000542.jpg
チャンピオンの扱いもほぼ同じ

私は1993年頃から一時ゲームを離れ、1998年に再びゲームに触るようになったので、その間に隆盛を極めたDOS時代のゲームには疎い。その間に触れたゲームは信長の野望 天翔記と、VooDoo2 SLIの効果を見たいが為に購入したDOOMなど、その程度でした。

この作品に限らず、この年代のゲームは開始早々の戦闘で絶望感を味わう事が多い。「え?」と思った直後にゲームオーバーになるが、その「え?」からの脱却がまず最初の試練だ。ここらの事情を「古いゲーム」「不親切なゲーム」の一言で片付けられているのをよく見かけるが、この試練を突破して波に乗せたときの、喜び、充足感は、コンピュータゲーム本来の持ち味だと思える。

既出な意見ですが、シネマではなく、私はゲームをやりたい。



・追記
「シネマではなく、私はゲームをやりたい。」という書き方では語弊がありそうだ。いわゆるムービーゲームと揶揄されている日本のFFシリーズのような作品がもろにインタラクティブシネマに該当するが、私はそういうゲームを嫌いではない。随所で語っていますが、視点を変えて楽しむべきで、そうしなければ自分が損をしてしまう。

毎度の台詞になるが、以前は素晴らしいRPGを作っていたメーカーが、シネマゲームを垂れ流す腑抜けに成り下がっているのに、「大先生が作るものは何でもすごいのですよ」と言わんばかりの満場一致で高評価が付くこの情勢に対しての、反論のようなものだ。

例えばBethesda RPGのように戦闘バランスが壊滅的にイカレている作品なら、ロールプレイには最適なバランスという角度からしか評価がされない。勝ち負けを前提としたコンピュータゲームという視点からの評価はけして受け入れられず、少数意見、アンチとして淘汰されてしまう。不出来な箇所を強引にでもポジティブに変換し、軒並み90前後、或いはそれ以上のスコアがまかり通ってしまうのは滑稽であり、見ていて痛々しさを感じると共に、その作品に触れることさえ恥ずかしくなってしまう。

そうかと思えば、新参やイレギュラーなメーカー、北米以外のメーカー、などのゲームに対しては、ただそれだけを理由に酷評し、蔑み、出る杭は打つというあからさまな愚行でこちらも淘汰され、全てが大先生の擁護として働いている。その場景は、宛ら信者や軍門に下ったメディアなどの擁護がなければ成立しない、偽りの高位として目に映る。

私にとって、そのようなメーカーが垂れ流すシネマゲームこそ嫌悪の対象であり、マルチプラットフォームの弊害「買ってみたら三角ハンドルの車だったトラップ」で、やるせなさを味わった事実も後押しし、腐れたメーカーが垂れ流すシネマゲームなどプレイせぬぞという意思からくる「シネマではなく、私はゲームをやりたい。」であります。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

初めまして。
いつも楽しく記事を読ませて頂いています。

私もElementalでMaster of magicを思い出していました。
もう16年も前のものになるのですね。
当時日本語版をワゴンセールで見つけてなんとなく始めたのですが
予想外に面白くて良い買い物をしました。
魔法好きなのでファントム(確かコストが安い)やヘルハウンドのような召還ユニットメインで遊んでたようなきがします。
それにしても懐かしい画面だ:)

こちらのブログへリンクさせて頂いても宜しいでしょうか?

No title

>>karemomijiさん
はじめましてー。
書き込みをありがとうございます。

Master of Magicを当時にプレイされたとは、DOS時代も知るプレイヤーですね。
あの当時はStrategyにさほど興味がなくて
いま思うともっと手を付けておけば良かったと後悔しています。

Blogを拝見させて頂きましたが、Eve Onlineをプレイされているんですか。
Eveをプレイしていた知人がいるんですけど、MMOの中では一番好きだと言っていたのを思い出しました。

リンクですけど了解しました。
こちらからもしておきますね。

No title

リンク許可どうもありがとうございます。
EVEは最近ご無沙汰ですがスキルや経済システムに大きな特色があってお気に入りです。

DOS時代はゲームによってはCD-ROMドライバを組み込んだりセットアップ自体に苦労した記憶もあります。
最近はボタンを押していけばセットアップ完了しますしダウンロード販売で自宅で気軽に入手可能。
こういう技術の躍進は大歓迎です。

No title

>>karemomijiさん
最近はPCのシングルゲームを色々と購入されているようですね。

DOS時代のゲームはあまり触れていないと書きましたが
思い出してみるとけっこう遊んでいた記憶が蘇ってきて
Autoexec bat、edit config sysが良い思い出です。
仰るようにCDROMやサウンドのドライバ組み込みはほんと曲者でしたし。

DL販売ですと、特にSteamはゲーミングツールとして優秀ですね。

はじめまして

私はMaster of MagicのPS版シヴィザードが大好きでした。その後、シヴィザードに似た作品を探し求め、色々と試しては挫折という繰り返し、そしてやっと辿り着いたのがFall from Heaven2。だだやはりこの作品でも満足できなかったです。なので紹介されている War of Magicにとても興味がわきました。FFH2はModではない続編も計画されているようでそちらも楽しみです。

No title

>>雅さん
はじめましてー。
Master of MagicのPS版があるとは初耳でした。
BGのPS版はかなり様変りしているようですが、シヴィザードは画像を見る限り
オリジナルの雰囲気が色濃く残っているように見えました。

CIV4MODのFfH 2は触ったことがないんですが、MODではない続編となると興味がわいてきます。
Elemental: War of Magicは、UIや操作性にいまだ爆弾を抱えた状態ですけど
とても面白いゲームだと私は思いますよ。

素質が良いからこそ至らない箇所が残念でならないという胸中です。

ですが、Stardockは真剣にElemental改良に取り組んでいるようで
素質に優れているし、メーカーの情熱もあり、将来有望だと思います。

ども

Sさん、コメントどもです。そうですね、シヴィザードはオリジナルに忠実と聞いてます。グラフィックは強化されてるようですが。シヴィザードがPSPアーカイブスで出れば「いつでもどこででもできる」なんて事も期待していたのですが、権利の関係で出せないそうで少しガックリきたこともありました。Elementalはとても興味深いのですが、私は英語が得意ではないので二の足を踏んでしまいます。英語版をプレイするコツみたいなものはあるのでしょうか?まぁ慣れるのが一番とは思いますが…
Elementalのシステムとか概要を日本語で紹介したようなサイトがあったら教えてもらえると嬉しいです。日本語版はおそらくでないですよね…v-8

No title

>>雅さん
権利といえばPCゲームでも、Wiz8、MM6 7 8 9、BG1 2、NWN1、メディアクエストやライブドア一連の日本語ローカライズゲームなど、これらが眠ったままになっているのが非常に勿体無いです。廉価版として再販されたら喜ぶ人が多いのになあ。

英語は文法からちゃんと学ぶのが一番いいんでしょうけど、私は2PC環境なので、マウスとキーボードの切替機(KM-A22BBK)を用いて、サブPCモニターを横に置いて、難解な単語はWEB辞書のお世話になっています。

以前は大昔に購入したコレガのPS/2切替機を使用していましたが、現状ですとUSBマウスにキーボードじゃないと一部不都合が出てきますので、切り換えに1秒程度のラグがありますが、KM-A22BBKというエレコムの製品に買い換えました。

1セットのマウスとキーボードを切替機を用いてWEB辞書を使用する利点は、両手をマウスとキーボードから放さなくていいし、電子辞書、一般的な辞書、2セット以上のマウスとキーボードを交互に操作する(体も動かす必要がある)などよりも、遥かに効率がいいです。

1PCしか使用していない人だとためらいもあるでしょうし、金銭的な問題もありますが、2PC環境は何かと便利です。 モニターが余っていてPCの知識があれば、2~3万程度でWEB用マシンなら作れますし、低価格のネットブック、或いは5~6万程度のノートも良い選択肢だと思います。

パッチや仕様などの情報はリンクして頂いているFlexscanさんのBlog なにしてあそぼ?とか、Flexscanさんのところからリンクが張られているSDCJコミュニティーの動画もかなり参考になるかと思いますが、Elementalをプレイする前に見聞きしても理解し難いでしょうね。

No title

Sさん、たびたびありがとうございます。なるほど2画面&Webで翻訳ですか。環境としては持っているのでプレイする機会があったら試してみます。Elemental情報紹介もありがとうございます。動画をちょっとだけ見たのですが戦闘が意外と地味なんですね(笑)省略されてるからかもしれませんが、ビジュアル的にはシヴィザードとあまり変わらないような…というかシヴィザードは戦闘に入ると升目マップ戦となるのでむしろそっちの方が複雑ですね。全体的なゲームスピードも考慮されてのことだと思いますが、少しさびしいですね。HEROES of Might and Magic 4もマップ戦で結構自分は好きでした。5までいっちゃうと逆にやりすぎで自分は引いちゃいますね。4くらいのビジュアルが自分的には丁度いいかなという感じです。すみません、話が脱線していましましたね。

No title

>>雅さん
以前のコレガ品は任意に登録したキーボードのキーを1度ないし2度押せば
次の瞬間、別PCのほうが操作可能だったんですが、KM-A22BBKは1~2秒程度の間があります。
CPと評価が高い品なんですが、そこだけ弱点ですね。

コレガ品のときはMMORPGのEQで2アカ操作でRaidに参加が可能なほどでしたが
KM-A22BBKだとさすがにアクション性の高いゲームを同時操作は不可能です。
普通に切り替えたり、WEB翻訳で使用するだけなら問題ないですけどね。

本日記事にしたんですけど、Elementalの戦闘はオートでも済ませられるので
どちらかと言うと戦闘シーンはおまけみたいな物かもしれません。
しかし、せっかく戦術を活かせる場があるんですから、これでKing's Bountyぐらいの出来ならばと
贅沢だけど思ってしまいます。

HoMMといえば6が来年発売になりますね。UBIは販売のみだとしても
社名を聞いただけで引いてしまう所なんですが、旧作に劣らず6も面白そうに見えるので
今度こそHoMMに挑戦したいなと思っています。

・追記で
引いちゃうということですが、6もサイトトップのムービーはやり過ぎですね。
いつもBlogに書いていることなんですが、特にStrategyは中身が重要ですし
あのようなティザームービーと本格派Strategyは結び付けないでと、私は思ってしまいました。

No title

雅さん、どうも初めまして。実は、数ヶ月前に件のシヴィザードを中古で購入した私……。

アーカイブス化は、まず再契約が必要で、それが原因で採算が見込めない、ってのが理由でしょうね。とまれ、残念な事です。個人的には、Civ2と一緒にアーカイブス化されて欲しいんですけどね。(一応、PSPで遊ぶ方法はあるけど、色々と、ねぇ)

ちなみに、シヴィザード好きなら、HoMM4よりむしろ、HoMM3の方がお勧めかも。より戦略ゲーム寄りの作りなので。日本語版はかなり高価ですけどね……。

>>Sさん

UBIは、色々と考慮した結果、PCゲーマーにとって「極端にツンデレな会社」という結論に達しましたw 数は少ないけど、ちゃんとPC専用タイトルも真面目にサポートしてるみたいなんですよね。自分は遊ばないけど、Silent Hunterシリーズとかも。何と言うか、歯痒い会社だ。

HoMM6は、素直に期待してます。また開発会社が変わってるのが、不安材料ではありますが。

あと、ムービーですが、何故かCiv5も凄い事になってました。むしろHoMM6以上。Civは、何だかんだでバカ売れするタイトルだから金を掛けたんだろうし、歴史ネタ好きだから割と面白かったのも事実ですが、正直「Civでこんなところに気合入れられてもなー」と感じたのもまた事実。

なんか、変な流れになってますねぇ。

No title

>>gengorouさん
UBIといえば不正コピー防止のスキームでしたか。
賛否があるようですが、前向きに取り組んでいることは確かで、そういう意味では評価してあげたいですね。

以前に記事にしたんですが、ネット接続必須→「うぜー」と短絡的に決め付けないで、データサーバー保存、常時接続になった場合のメリットが色々とありますから、ユーザーがよりいっそうゲームを楽しめるようなシステム構築をUBIがしてくれたいいんですけどね。とは言えUBIのゲームは一切購入していないので、スキームがどこまでの物かは知る由もないですが。

CIV5はデモでお爺さんオープニングを見ましたが、HoMM6のは日本産美形お兄ちゃんぽい雰囲気がしました。StrategyですとUIやら操作性やら・・・書いてられないほど重要な所がありますが、やはりそういう箇所をサイトで見せてユーザーを安心させてほしいなあと思いました。

No title

gengorouさん、はじめまして。シヴィザードのアーカイブスは本当に残念です。私が所有しているのはPSP-3000なので多分無理なのかなぁーと思ってます。HoMM3はやったことはあるのですがあまり記憶がなくて…シヴィの後継としてはFfH2が一番近いのかなと思ってますが、やはりMODですからユニットのデザインとかに統一感がなくてファンタジーの雰囲気が今一つというのが残念です。なのでMODではないFfH3?に期待したいなというところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター