CRPGまにあ

Drakensang: The River of Time 英語版が2011年初頭に。

投稿日:2010/09/24 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:3  | トラックバック:0
毎度のRPGWatch記事によると、River of Timeは2011年初頭に英語版がリリースされるようです。River of Time拡張のDrakensang: Phileasson’s Secretについては不明。

ユーザー個人の好き嫌いはさておき、ここ5年の間に発売されたRPGの中で、最もPC版のRPGらしいDrakensangシリーズだと私は信じています。内容的にはCRPGの古典で、土台となる舞台は現行マシンのグラフィック性能を十分に引き出し堪能できる美しさで、ターゲット層が大衆ではないので、難易度的にもGUIから感じとれる操作フィーリングもPC RPGそのもの。最高の折衷だ。

drakensang 15-02-43
来年までにはThe Dark Eyeを料理しよう
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

動物の描写が素晴らしいですね:)
UIも雰囲気出てて良いですしキャラビルドも楽しそう。
Steamで1作目をついつい注文してしまいそうな所です。

どんどんプレイしたいRPGが出てきてしまって嬉しい悲鳴です:)

アヘ

いつかは来るって信じてはいたけど、
やっぱこう、公式に発表されると、感慨深いものが。

つか、GOG.comにも、変ちくりんなPR活動の末、
Baldur's Gate1が来ちゃったけど、どうしましょう。
実は未プレイだった私……

No title

>>karemomijiさん
Radon Labsのゲームによく登場している猫のようです。
DrakensangのUIは、近年におけるRPGでは最高だと思いますよ。
あえてこのゲームの難点を挙げるとすれば、あまりにも上品すぎるってことぐらいでしょうか。


>>gengorouさん
Blogの更新をされていないし、どうしたんだろうと思ってましたが
お久しぶりです。

一度は破産したメーカーの作品なので、英語版発売に至り、嬉しいですね。
GOGは経過を見守っていたんですが、あまり感心できるPRではないけど
良いショップなので継続してくれることはありがたいです。

私はBG1の日本語版を持っているんですけど、BGシリーズの英語版は難解だと聞きますが
gengorouさんなら大丈夫なんじゃないかなあ。GOG版は拡張が含まれているようですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター