CRPGまにあ

信長の野望・天下創世 with パワーアップキット

投稿日:2010/10/14 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
烈風伝続きで信長の話題。

正確な時期は失念しましたが、1年ほど前だったか。信長の野望 天下創世が廉価版としてソースネクストから発売になった。しかしこれはパワーアップキット(PK)無しで価格3970円という、ちょいと微妙な代物だったんですが、先月、PK込みの天下創世がソースネクストから発売されていたようです。

・ソースネクストのページへ
信長の野望・天下創世 with パワーアップキット
Windows 7対応 価格 2990円


天下創世は2003年に発売された信長の野望 第11作で、この作品からフル3D化しているので見映えがするようになった。信長の野望はシリーズごとに変化するその中身も、そしてPK商法と揶揄され続ける高い商品価格も含め、毎度お騒がせな一品でもあるんですが、この価格なら迷わず行けよだ。

それにしても、ソースネクストのサイトを巡回してなけりゃ、発売したことに気づかれずに消えてしまいそうだ。ソースネクストの扱うPCゲームは、ふと気づいた時には絶版になっていることが多々ある。アークスファタリスがその好例だ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター