CRPGまにあ

戦ノ国~もののふ絵巻~ 臣従臣従また臣従

投稿日:2010/10/20 |  カテゴリー:戦ノ国~もののふ絵巻~  |  コメント:0  | トラックバック:0
sengoku 26-41-06
最終的な勢力分布

まずは1回目のクリア。

御覧のように薄緑色の臣従だらけです。攻め込んで手に入れた領地は、白色の直轄領とベージュの国。大体ですが半分は外交によって臣従大名とし、朝倉家だけは最後まで同盟として通した。数日前まで遊んでいた烈風伝とは対照的な展開でして、あちらでは三木嗣頼単騎で初めて攻め込んだ国は、越前の朝倉家だった。

sengoku 28-31-87
こちらのこわ~いお方は相変わらず

戦ノ国での武将のパラメータは各種とも10段階の1~10で設定されていまして、初見は他の戦国ゲームと比較すると武将の個性が現れ難いのではと思ったが、舞台が変わっても軍神様には手を焼いた。どれだけ勧告を行っても臣従することがなく、最終的に武力行使になった訳だが、生半可な軍勢で攻め込んだら返り討ちにあってしまい、その後、一年分の国益を費やした上杉征伐でやっと落ちてくれた。

sengoku 50-04-96b
使用可能武将として新たにアンロックされたのは朝倉さん

とりあえずこのゲームは不明な点が多くありまして、1回のプレイが10時間以内で終わるということもあり、細かな突っ込みや評価っぽいものはもっとプレイしてからにしようと考えています。

ただ一つ言えることは、戦ノ国の開発コンセプトとして掲げられていた「最後まできっちり遊んでもらえるように」、「無駄な箇所は省いて戦略だけに集中できるように」、「色んな武将で何度も挑戦できるように」、「従来の戦国もの国取りゲームで散見される、戦ばかりのパワーゲームからの脱却」と、これらの目標は及第レベルで達成されているでしょう。

・続きはエンディングの自動生成年表
PCの知識がない人向けに。Cドライブの ユーザー名フォルダ > My Documentsフォルダ > Si-phonフォルダ。この中にセーブファイルと年表の txt file が入っています。
一五五〇年  四月
斉藤家と同盟を締結

一五五〇年 一〇月
織田家は北畠家を撃破し、伊勢を制圧

一五五一年  一月
仁木家を臣従させる

一五五一年  四月
松平家と同盟を締結

一五五一年  七月
浅井家を臣従させる

一五五二年  一月
朝倉家と同盟を締結

一五五二年  四月
筒井家を臣従させる

一五五二年 一〇月
今川家を臣従させる

一五五二年 一〇月
武田家を臣従させる

一五五二年 一〇月
能登畠山家を臣従させる

一五五二年 一〇月
織田家は三好家を撃破し、山城を制圧

一五五三年  七月
浦上家を臣従させる

一五五三年  七月
富樫家を臣従させる

一五五三年 一〇月
近畿管領の地位を得る

一五五三年 一〇月
紀伊畠山家を臣従させる

一五五三年 一〇月
安宅家を臣従させる

一五五三年 一〇月
島津家を臣従させる

一五五三年 一〇月
陶家を臣従させる

一五五三年 一〇月
長宗我部家を臣従させる

一五五四年  一月
南部家を臣従させる

一五五四年  一月
蒲池家を臣従させる

一五五四年  一月
城井家を臣従させる

一五五四年  二月
織田家は三好家に敗北、丹波を奪取される

一五五四年  七月
龍造寺家を臣従させる

一五五五年  一月
伊達家と同盟を締結

一五五五年  一月
宇喜多家を臣従させる

一五五五年  七月
十河家を臣従させる

一五五六年  一月
上杉家と同盟を締結

一五五六年  一月
三村家を臣従させる

一五五六年 一〇月
織田家は毛利家を撃破し、出雲を制圧

一五五七年  一月
北条家を臣従させる

一五五七年  七月
葦名家を臣従させる

一五五八年  七月
毛利家を臣従させる

一五五九年  四月
斉藤家との同盟を破棄

一五五九年 一〇月
織田家は斉藤家を撃破し、信濃南を制圧

一五六〇年  一月
伊達家との同盟を破棄

一五六〇年 一〇月
上杉家との同盟を破棄

一五六二年  三月
織田家は伊達家を撃破し、常陸を制圧

一五六二年 一〇月
伊達家を臣従させる

一五六二年 一〇月
羽州探題の地位を得る

一五六四年  一月
松平家との同盟を破棄

一五九七年一一月
織田家は全国の大名を実力で従え、武門の長として征夷大将軍の宣下を受ける。
会津に幕府を開き、公家・武家・寺社それぞれに向けた法を定めて、日本全土の統治者であることを宣言。
代々の当主は将軍位を世襲する。

一六三四年 十月
苛烈な税の収奪を受けた農民層と、戦乱で禄を失った浪人層が九州で蜂起、大規模な反乱に発展する。
九州諸大名の軍事動員、複数回にわたる幕府軍の派遣を経て、多大な損害を出しつつも半年後に鎮圧。

一七〇七年 十一月
富士山が大噴火。
甲斐・駿河両国に大量の火山灰が降り、農地に大きな被害が出る。
織田家は諸国の大名に、石高に応じた復旧資金の負担を命ずるが、その半分以上は慢性的な財政赤字の穴埋めに流用されてしまう。

一七一五年 二月
金銀の流出を抑え、国内経済を安定させるため、海外貿易の総量を抑える「海舶互市新例」が公布される。
以後、幕府による統制貿易体制の下で国内産業の振興が図られると同時に、米相場の維持を基幹とする保守的な経済運営が幕府の基本政策となる。

一八三九年 五月
海防・外交政策をめぐって織田家の政道を批判した蘭学者グループの主要人物、渡辺崋山、高野長英らが捕らえられる。

一八四六年 七月
アメリカのジェームズ・ビドル提督、外交使節として来航。
以後、圧倒的な武力を背景とした欧米列強の貿易要求が相次ぎ、幕府は対応に苦慮。
幕府の失策を批判する世論が沸き起こり、倒幕を目指す外様大名家も現れる。

一八六六年 八月
倒幕を主唱する家を打倒すべく、幕府が諸藩の兵を動員して行った「美濃征伐」が失敗、そのまま全国が内戦状態に。
京都近郊、鳥羽・伏見で行われた戦いに敗れた幕府は統治権を朝廷に返上、会津時代が終焉を迎える。

一八六九年 二月
維新政府は、あらためて会津を日本の首都と定め、将軍の居城を新たに御所とする。
会津時代に人口百万を数え、世界最大の都市となった会津は、引き続き近代日本の政治・経済・文化の中核として長く栄える。
織田家ゆかりの城郭や寺院、大名屋敷跡は、海外からの観光客も多く訪れる観光施設として、往時の繁栄をいまに伝えている。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター