Risen 昔は憧れていた

Risen 00-53-73
風景が素晴らしく、目の保養になる

1年前にデモ版でプレイした所まで進めてみた。以前は、1or3人称視点のRPGで、世界がとても広大で、グラフィックが美しくて、豊富なクエストから成り立つ冒険は波瀾に満ちていて、装備品で着せ替えを楽しめるような、そんなゲームに夢を抱きつつ、優れた作品がリリースされる事を願っていたが、MorrowindとArx Fatalis以降は悉くその希望は打ち砕かれてきた。

今回のRisenも上述希望の範囲に何とか収まるRPGだが、一つ事を起こす度に脳裏に既視感が湧き起こり、器と表面の潤色の加え方が違うだけで、過去の凡作群と代わり映えしない在り来たりなRPG風3人称視点アクションアドベンチャーだと改めて痛感した。と、言ってしまいそうになるが、それは第一印象でしかないので、本当に優れたゲームであるのなら、先へ進めば異なる感触を得られるはずだ。

Risen 04-46-79
とても簡素な印象を受ける。だからこそ馴染みやすい

これを言っちゃ元も子もないんですが、オープンワールド系であり、宗教や派閥間での対立を盛り込みつつ、気が触れているのかと思えるほど莫大なバックボーンを支柱とする作り込まれた世界の興亡史に加え、ユーザーに愛されMODが潤沢に出揃い、それでいて物語が秀逸な出来であったMorrowind。Wikiもユーザーによる日本語化などの風潮が浸透していなかった頃、自由度を売りとしたオープンワールドRPGではMorrowindが一つの完成形であり、完結を見ている。

同じRPGだが正反対に位置するArx Fatalis。小ぢんまりと纏まった地下世界は、泥臭くも洗練された美しさを兼ね備えており、仕掛けと罠とお宝に溢れ、異文化抗争や人間ドラマに、腹が減ったら魚や肉をジュージュー焼いた、あの冒険を忘れることはないだろう。Arx Fatalisは、閉鎖された空間の中で、ギミックに満ちた1人称視点RPGというジャンルにおいて、一つの完成形であり、完結を見せてくれたと思っている。

Risenは一見するとオープンワールド系と思えてしまうが、実態はArx Fatalis系の踏破タイプだろうといった手触りだ。今日は印象的な雑感についてのみ述べてみましたが、なかなか面白いゲームなので、このまま続けて遊んでみましょう。
Last Modified :

Comments







非公開コメント