CRPGまにあ

Elemental: War of Magic まずはVersion 1.09n

投稿日:2010/11/20 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:2  | トラックバック:0
ここから複数回のアップデートを経て1.1になるようですが、本日の1.09nはこれまでにないほど修正や追加項目が多い。少し触ってみた印象では、以前までの常勝手段はほぼ通じなくなっている。特に魔法は大幅に手直しが入っているので、1.09eまでのElementalに熟達してしまった人たちは、頭の中を一度リセットするべきだ。

Elemental 03-23-19
ヒットポイントに注目

Elemental 42-47-01
同上

難易度最高のRidiculousですと、1.09eまでは敵のヒットポイントが凡そ3倍になっていたが、1.09nからはさらに増えているようです。画像のキャラクターは敵となるFactionの、人間タイプのいわゆる「雑魚系」に分類されるものですが、HPが4倍から5倍になっています。

※綿密には4~5倍でないのかもしれません。何故なら初期のヒットポイントが以前より少し増えているようで、そこから3倍計算なら3倍のままかもしれないけれど、それこそウォーズマンでなければ正確な倍数は分からない。



Elemental 22-10-63
新施設



Elemental 37-07-38
超初期のSpell Book

お決まりチョイスである君主:Procipinee、派閥:ParidenでのSpell Book。1.09n後は魔法も(全てではない)テクノロジー研究を行って獲得する必要があり、画像は何も研究せずにSpell Levelだけ 2 にした状態ですが、明らかにSpellの種類が変化しています。

魔法の威力を高めるシャード。そして、魔法の各属性は別個に研究する必要がありまして、文化圏に入ったシャードの種類に応じて属性を選ぶことが重要になるから、これまでよりもプレイ毎に個性が生じやすくなり、結果的に良好かつ歓迎できるシステムに変貌した。



Elemental 43-05-87
建設ウインドウも一新



Elemental 44-27-95
若干ですがゲームが軽くなっている

以前は上掲画像の角度にすると、フレームレートが激減していたのだが、低下がかなり抑えられている。とは言っても画像のプレイでは町も小さく視界内のオブジェクトが少ないので、ターンを進めると重くなるのかもしれないが。

今回も大幅なアップデートですが、次に予定されている無償拡張込みのアップデートが導入され、そこからプチ修正パッチが1~2度入れば、そのときこそElemental: War of Magicが完全始動となるのではなかろうか。1.09nでも発売当初と比べると別物と化しているが、戦闘システムなどは梃入れが入っていないので、ただ操作する事に関してのプレイフィーリングは以前と然程変わりはないと感じられた。

然し、現段階でも中身は別物であるし
Straetgyで最も重要な攻略法は、以前の物は通じない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

1.09eから40日ほどでかなり様変わりしましたね。SDの本気度がわかります。
本気で作り直した1.09n、しかしゲームとして面白いかどうか、するどい記事をお願いしますね。

No title

>>Flexscanさん
今回Elementalを通じて、SDのフィードバックによる展開を最初から一つも見逃さずに体験できましたが、SD信者という語の意義がよく分かりましたよ。ユーザー好みの色に仕上げるという、MOD文化もこれに近いものだと思うんですが、メーカー自らがElementalを良くしようと尽力する姿は素晴らしいです。大げさではなく、これまで見てきたシングルゲームを扱うメーカーでは最も偉大でしょう。

ゲームの方ですが、New gameで何回か出だしをプレイしてみたんですが
必勝法が確立されたらまた別なのかもしれないけれど、これまでのような安易な手段
序盤の召喚エレで押せ押せが出来難くなってますね。これだけでも大出世かなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター