CRPGまにあ

Si-phonの第3弾 源平争乱~将軍への道~

投稿日:2010/12/15 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
源平争乱~将軍への道~ / Si-phonのページ

サイフォン,新作タイトル「源平争乱~将軍への道~」を2011年春にリリース。今回の舞台は源氏と平氏が争う平安末期だ(4Gamerへリンク)

来年の春ということで、半年後には発売になるのだろうか。戦ノ国の次はかなり早いペースで登場となるが、源平争乱もネットブックでも快適に動作するライト級のゲームになるようだ。

Strategyといえど千差万別、CIV系(Elementalもここ)に見られるリソース量が多く、一般的に「面倒なもの」に該当する品や、Total War系のビジュアル的にずっしりと重量級の物や、対照的にSi-phonが志すゲームは、動作が軽くて誰しも最後まできちんと遊べるような作りの物など。

Si-phon作品はある意味、PC上で遊べるテーブルゲーム的な趣があり、将棋や麻雀にポーカーなど、派手さは無くてもしっかりと駆け引きや勝敗への拘りが感じられる物の延長線上にあるような、そんな作品として受け入れればいいんじゃないだろうか。シンプルな作りだからこそ、脳内でのロールプレイが映えるゲームでもあるから、複雑なゲームと比較するのは御門違いとも言えるだろう。

コメント

No title

シンズ・オブ・ソーラーの感想でもコメントしようかと思いましたら
この記事をみて、おもわずビックリしました。

いやぁ、久しぶりにタイトルを見て即買を決定しました。
光栄以降、源平合戦SLGは全くみていませんので
今からワクワク感がとまりません!

No title

>>じゃばらさん
こんなに早く次が出るとは意外でしたね。
題材となる平安末期に、国取り物ではないシステムといい
なかなか面白い組み合わせなので私も楽しみです。

画像に見えているコマンドの「幽閉」
なんか素敵ですなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター