CRPGまにあ

迷宮クロスブラッド 全員女子

投稿日:2010/12/27 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0
X-BLOOD000820.jpg
みんな生まれたばかり

迷宮クロスブラッドをWizardryの一派と捉えるのならば、Wizardryの新作をプレイするのは実に8年ぶりとなる。8年前にプレイした作品はWizardry 8なんですが、8は女性キャラがとても優遇されていた。迷宮クロスブラッドと、巨匠ことDavid.W.BradleyやSirtech-Canadaと因果関係は何も無いが、気分的に全て女性キャラにしてみた。ちなみにキャラクタの名前は語呂が良さそうな姓名を組み合わせただけです。

・メインブラッド(MB) サブブラッド(SB)

キャラクタ no.1 / エリ
MB:戦術士 SB:武術士 タイプ:マッスル 性格:善

キャラクタ no.2 / ミク
MB:王騎士 SB:拳術士 タイプ:スタンダード 性格:中立

キャラクタ no.3 / ヨーコ
MB:武術士 SB:暗術士 タイプ:アスリート 性格:中立

キャラクタ no.4 / マキ
MB:射術士 SB:召術士 タイプ:ファニー 性格:中立

キャラクタ no.5 / カナミ
MB:聖術士 SB:学術士 タイプ:エレガント 性格:善

キャラクタ no.6 / シノブ
MB:魔術士 SB 聖術士 タイプ:エレガント 性格:善

迷宮クロスブラッド Wikiのキャラクタデータを見てしまったので、バランスが良い構成になっているはずだが、正直なところ、幾らビルドゲームとは言えそれら情報を知るだけでも微ネタバレとなってしまい、ゲームの楽しみが薄れてしまうから、今後はゲームをクリアするまで何も見ずに、情報は遮断するつもりです。

Wizardry系で真っ先に気になるところとしては、作品によって呼び名が異なるが、「体力」「VIT」に関して。先に体力を上げていかないと結果的にヒットポイントが低くなるのではという、これに対する懸念ですね。古いWizardryですとVITを作成段階から最大にしてプレイするのが通例となっていたが、迷宮クロスブラッドはどうなっているのか、それは分からない。初回プレイから何もかも完璧にするなど虫が良すぎる話であるし、今回はヒットポイントが低くなったとしても、全てを受け入れてプレイしようと思っています。

このゲームはプレイしてみるとよく分かるんですが、これほど痒いところを的確にかいてくれるゲームは評価されるべき物であり、そして作りが非常に丁寧ですから、安心して人に勧められるゲームです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター