CRPGまにあ

今年最後の慎ましいお買い物

投稿日:2010/12/28 |  カテゴリー:Venetica  |  コメント:0  | トラックバック:0
Venetica 11-13-46-06
ドイツ生まれのVenetica

昨年から期待作だと当Blogで繰り返し唱えてきたVeneticaですが、やっと購入に踏み切る時期が訪れました。UK版はすでに発売済みで、来月にUS版も発売されるようですが、本国ドイツでオリジナルPC版が発売されたのは1年と3ヶ月も前である。何故これだけ遅れたのか。PCとXbox360の発売後にPS3でリリースすることが決まり、こちらへの落とし込みで時間を割いたのではないだろうか。

本作は私が敬遠しがちなゲーム機とのマルチタイトルですが、大手産ならいざ知らず、ドイツに代表される欧州勢の作品で、中小企業が作る物で魅力あるものなら邪険にせずに少しはプレイしていこうかなという姿勢です。今のところは。

購入はCD WOW!から、現在2350円 やす~い

昨年はDragon AgeやRisenなどの、ゲーム機とのマルチタイトルをいくつかプッシュしていて、デモ版を何作かプレイしてみたが、その中でVeneticaの戦闘での小気味よい動作は最も光っていたポイントだった。掘り下げればゲーム機ライクなアクションゲームっぽい動きなのかもしれないが、何より「もっさり」している事が最たるマイナス要因となるので、動きが痛快であることは長所であるだろう。


以前にも紹介しましたが

Veneticaは Patch Version 1.02 で描写が強化されていまして、特にライティングなどの効果が映えているようで、Version 1.02後は美しさに磨きがかかっています。



もう1本はGamersGateから、Return to Mysterious Island 2を購入した。年末セールで7.98ドルになっているので、これを逃すと機会を逸してしまいそう。本作は先月下旬に初代作をGamersGateで購入し、難度が程好く島の雰囲気も素晴らしく、主役の女性とお猿のジェップの組み合わせが一服の清涼剤かと思えるほど温かみが感じられる作品だったので、1週間ほどかけてクリアする事ができた。

パズルや謎解き要素が肝のアドベンチャーゲームの続編となると、その多くは難度が増している傾向にあるので、この作品も恐らく習慣に従え的な状態なのではと予想しています。



もう一つ追加になった
neverwinter nights 2 aa
Steamで売られると同時に50% OFFに。 9.99ドル

Neverwinter Nights 2はGamersGateでセット品を以前に購入したが、二つめの拡張 Storm of Zehir が含まれていないセットだったので買い直した。しかし、Steamは可能ならばプレイ時間表示を強制するシステムだけは何とかして欲しいものだ。プロフィールの編集から「非公開」に設定すれば、第三者には状態が見えなくなるが、それは解決策には程遠いものであるし、自分自身にはプレイ時間が見えつつきっちり刻まれるのだから全く意味がない。

とは言っても、やっぱりお手軽かつ信頼がおけるゲーミングツールであるSteamなのは紛れもない事実なので、インストールの利便性だけでも買い直す意義はあるだろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター