CRPGまにあ

迷宮クロスブラッド - 新年早々の黒ブラ

投稿日:2011/01/02 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0
現在メインブラッドのレベルは14で、二度目のレベルキャップは15になるんですが、メインシナリオは一時放置して先にレベルキャップ開放課題に取り組み、苦戦はしたが何とかレベル15の開放課題を全て終えた。

攻略の目安としては、例えばメインシナリオ目的地の異形レベルが25だとして、目下のレベルキャップ課題エリアの敵がレベル25以下なら、課題を先に済ませるようにしています。

Wizardryといえば「マニアモード」や「アイアンマンモード」など、セーブに制限が掛かる上級者向けのプレイモードが設けてある作品がありましたが、迷宮クロスブラッドはデフォルトのままでさえ、通常はダンジョン内でセーブが許されていません。
(消費アイテムですがパワーレコーダーを使えばダンジョン内でもセーブが可能)

いい加減な気概やキャラ育成を怠ったプレイですと、ダンジョン内で全滅する可能性が増してしまうから、おのずとダンジョン探索や育成に力が入りますし、私はコンピュータゲーム上では後戻りが出来ない生き様を好むので、この仕様は願っても無い遊び場であります。

とは言っても、無造作に難しく作られているゲームではなくて、制限はあるが低レベル魔法に地上へ一瞬に帰還できるものがありますし、いつでもどこでもソフトウェアリセットを気軽に使用することもできる。しかし、ソフトウェアリセットを行うとダンジョンに入る直前に戻されてしまう為、それなりにリスクはあります。

自分自身で縛りをかければ似たような「後戻りができないプレイ」を行えるが、出来る限りシステム上で予め潰されていることが望ましい。ネットゲームのシステムや、Sacredシリーズのサーバーにリアルタイムで記録されていくシステムも同様ですが、やっぱり本気になれる舞台は嬉しいものだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター