CRPGまにあ

今年最初のお買い物

投稿日:2011/01/03 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:3  | トラックバック:0
okaimono2011a.jpg
Steamで購入

Indie Fright Packは5本セットになったお買い得商品で
5ドルのIndie物パックでは最も売れ線だったのではないでしょうか。

中身は

・Burn Zombie Burn!
・The Path
・The Scourge Project: Episodes 1 and 2
・The Void
・Zombie Driver

Zombie Driverは既にSteamで所有していたが、他4作中、3作の一見さんになりたくて購入してみた。The Pathは何やらZooが日本語版を発売した経緯がありますが、このゲームは一度雰囲気を体験してみたかった。The Voidは緑男で購入してあるが、緑男を起動することさえ億劫になっているし、何と言ってもSteamのストレスが無いインストールシステムと、パッチの有無を留意することさえ必要としないし、これに勝るものはないと言ったところか。だからこそ、強制プレイタイム表示が気に掛かるが。

Amnesia: The Dark DescentはスウェーデンのFrictional Gamesが開発した作品で、以前に発売済みのPenumbraシリーズより評価が高いので、この機会に購入してみました。ジャンルは絵画的ホラーアドベンチャーになるのかな。



okaimono2011b.jpg
GamersGateで購入

本来、最も好きなジャンルは推理物のアドベンチャーゲームである私なので、このゲームは気になっていた。やっと購入となったが、英文が常に静止表示されるReturn to Mysterious Islandのように、気軽にプレイは出来なさそうだ。何故なら難解な英語が目まぐるしく画面を駆け回る本作であり、もしも本格的な推理を要求してくるようなゲームだった場合は、リタイアしかねない。

このゲームの開発を行ったのは、当Blogでもタイトル名が何度か出てきたシベリアシリーズを作ったメーカーのようで、冒頭シーンから触りを試してみましたが、これはクオリティーが高い一品だと感じました。昨今の北米産RPGは、RPGではなくてシネマティック系の作品だと提言している私ですが、映画的な手法はこういうゲームでこそ映えるものである。





okaimono2011c.jpg
忘れるところだった。4.99ドル

SoCとCSはSteamで所有しているStalkerシリーズですが、このゲームは何時か最後まで(訪れない気がしますが)プレイしてみたいと思っていますから。3作目のCoPはDirectX 11タイトルでもありますので、購入の動機はどちらかと言えばDX11です。このゲームはHD 5800シリーズだとイマイチFPSが伸びないんだけどね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

Stalkerセット購入されたんですね。
私も迷いましたが見送ることにしました。
CoP単体価格としても安いのですが:)

SFPS Mod入れて遊んでいるのですが
今まで遊んだFPSの中でもかなり難しい方に入る気がします。
序盤であれだけやり直したのは初めてかも。

No title

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

Steamセールですが、実は以前に購入したking's Bountyシリーズと
Titan Quest、それにFarewell to Dragonsなど重量級が揃って
ほとんど未プレイのままでして、何も買うまい!と思ってたんですが…

NWN2のセットがまた来てたので、買ってしまいました。
Sacred2熱がまだまだ続いてますが、明日キャラメイクぐらいしてみよう
かな、と思います。

Sさんとは違う理由かも知れませんが、プレイ時間が見えてしまうのは
自分もちょっと嫌です。今日久しぶりにSteamのライブラリ見てみたら、
Defence Gridのプレイ時間が65時間で、なんだかなぁ…と思って
しまいました。実生活に強制的に引き戻される感じがします。

No title

>>Karemomijiさん
今回はSoCとCoPのセットでしたね。
SoCは既に持っていたのですが、CoP単体のみで5ドルとしても安いです。
StalkerシリーズはSteamセールの常連みたいなものですし
毎度の定期セールが近い内にありそうですけどね。

SFPS MODを入れると難易度が上がるようですが
良いMODがあるってことは、それだけ愛されているんでしょうね。


>>犬好きさん
あけましておめでとうございます。

NWN2は何気なく買っちゃった人がけっこういるんじゃないかなあ。
評判もそれなりに良いですし、セット内容が豪華でしたからね。

プレイ時間表示に関しては、そのシステム自体は多くのユーザーが望むものなので、あるに越したことはないと思うのですが、例えば強制表示を疎む私でも、競技性の高いものや短時間で遊べるものや、タイムトライアル風の遊びができる物なら欲しいシステムだと思っています。

ですが、好きなゲームが時間のかかるRPGと、行き詰ったら思考時間が発生するアドベンチャーゲームですので、何もしてない時まで何かのカウントダウンをされているような気がしてならないのです。

好きなゲームなら起動しっぱなしにして眺めていたいですし、その間も刻まれ続けるのはちょっと・・・って思いなんですが、理想は以前にも述べたように、オンオフできるオプションを用意してくれることなんですけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター