CRPGまにあ

迷宮クロスブラッド - 死地へ赴く

投稿日:2011/01/20 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0
さて、ここまで非常に長い冒険でしたが、今から最後のXXへ向かいます。

X-BLOOD001320.jpg
サブSIZ Lv40でマルチウェポン

前回の続きですが、最終ダンジョンの最深部に到達した時点でサブブラッドがLv37になったので、ついでに感覚でサブもLv39キャップになるまで稼いでみた。2キャラのサブブラッドとなっているSIZとILITHはレベルアップに必要な経験値が多いので、先に他キャラクタがキャップに到達したが、その後は6人分の経験値が2人のサブブラッドに流れこんできたのでお得な気分になれた。

SIZと武をレベル40にして思ったことは、両手武器さえもデュアルウェポン化してしまう「マルチウェポン」は、武術士にとっては余り意味が無いものだ。何故ならカタナは高ダメージの両手武器が存在しないので、戦術士のサブブラッドとして効果的なスキル「マルチウェポン」だ。

画像の戦+SIZキャラは早速両手に大型武器を装備してみたのですが、AT(ダメージ)表示が飛躍的に伸びた。然しながら、伸びはしたが前期型Wizardryや国産Wiz外伝作品のような、レベル50前後で「10回当たって云々ダメージ」というシステムではなく、攻撃回数は武器の最大攻撃回数によって決まるから、精々2~3回攻撃がいいところで、当の戦術士は攻撃回数が今のところ1回だ。

攻撃回数を下げ、左右による手数を増やし、スキルによるラッシュ技、ジェノサイドやバーサクなどに比重を置くスタイル。これは明らかにWizardry 8を強く意識している。と言うか戦術(Wiz8 Fighter)の「バーサク」ってそのまんまです。

前回記事にも出てきた召術による異形使役化では9回攻撃まで確認したので、単体への物理大ダメージは召術ペットが最高というオチだったりします。

X-BLOOD001319b.jpg
遊んでますな

召術ペットで面白いものを見てしまった。ピクシーは男子、フェアリーが女子という設定なのだろうが、ピクシーを使役しているときにフェアリーと戦うと、いやらしげな台詞を口走る。

※後日気づいたのですが、どうやらピクシーは何に対してもWelcome君のようで、フェアリーにだけ台詞が用意されていた訳ではないようです。ストライクゾーンが広いのだ。

X-BLOOD001325a.jpg
逆パターンは何も喋らない
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター