CRPGまにあ

King Arthur: The Role-playing Wargame

投稿日:2011/02/05 |  カテゴリー:King Arthur: The Role-playing Wargame  |  コメント:2  | トラックバック:0
King Arthur: The Role-playing Wargameは
ハンガリーのメーカー Neocore Games が開発した作品です。

昨日に引き続き、数時間ほど本編のキャンペーンをプレイしてみました。

King Arthurは戦闘システムがTotal Warシリーズと近似しており、よく比較されたりしていますが、触ってみると戦闘シーンよりも奇抜なクエストシステムが一際目を引く。もちろん戦闘も重要な要素なんですが、これまでプレイしてきた他のゲームで、このようなクエストシステムは見たことがありません。

Launcher 21-21-04-17b
グラフィカルなUIとしての出来は上々

今回の要旨は知人のgengorouさんによるKing Arthurレビュー丸写しだったりしますが、gengorouさんのレビューがとても分かり易いので、そちらに目を通されるとKing Arthurのことがよく理解できるでしょう。

私は子供の頃からファンタジーものや冒険を題材とした作品が好きで、コンピュータゲームに限らずゲームブックを買ってきて、サイコロを用意して遊んだりしていました。King Arthurのクエストシステムは正にゲームブックと言ったところであり、ダイナミックで迫力のある戦闘シーンとの対比がこのゲームの個性かつ長所となっている。

クエストは短編ゲームブックのような作りで、その他にもう一つ、大局的な「目標」というものがありまして、目標は正義か暴君か、或いは無宗教かキリストか、どちらに傾くか枝分かれした方向性が示され、こちらは事前に受けておくものではなく、上掲画像の戦略モードであったり、戦闘モードであったり、どちらかで能動的に行動を決定していかなければならない。その結果、モラルチャートが少しずつ正義や暴君などに偏っていく。

ゲームブック的なクエストに話が戻りますが、こちらは受ける時に担当のヒーローを選択し、ヒーローの能力がクエストの経過や結果に影響するようだ。画像がクエストを進めている最中なんですが、荒々しいリアルタイムな戦闘シーンとは真逆となるような、至って静寂であり、この部分だけは東欧ゲームとは思えないほどの品格が備わっている。

クエストの選択肢によって、戦闘が起きたり、武力行使はせずに穏便に事を運べたりと結果は様々だが、問題となるのは英語版であった場合、プレイヤーが英語が苦手であったり、根気がない人だとこの魅力に気づかずに素通りしてしまいそうな事だ。

戦闘シーンを荒々しいと述べましたが、こちらは東欧作品らしく整然としておらず、各ユニットの動作が粗末で、戦闘シーンにコンシューマーゲーム的な趣を求める人ですと、それだけで駄作のレッテルを貼ってしまいそうだが、このゲームは戦闘よりも、拘りを感じさせるクエストシステム、戦略モードの方に個人的には魅力を感じました。

StrategyにRPGの要素を他社以上に拘って盛り込み、結果的に品のある大人のゲームが出来上がったと。私は東欧作品の匂いが好きで、好んで幾つかプレイしているのですが、その中でもこのゲームはクオリティーが高く、大事に作られているなと感じた。

しかし、ゲームバランスの方は若干怪しげなところがあるようで
そこらは追々プレイしながら感想を述べていきたいです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

こちらのレビューが放りっぱなしで、大変申し訳ないです。

ゲームバランスについては、自分も2chで何かと噂を聞いていますが、どうやら終盤あたりはスキルを成長させまくったKnightによる無双状態なんだとか。でもこれは、縛りプレイでどうにでもなるかな?

SteamにもDruidsが来たし(気が付いたら購入してました)、EU3を放っぽりだしてKing Arthur進めちゃおうかしら。ムズムズしてきた。

No title

>>gengorouさん
なんとなく急かしてるような感じになりますし
こちらこそ記事へリンクを張って申し訳ないです(笑)

バランス怪しげと書いたのは、弓兵の強さであったり、私も以前に見たのですが無双の噂とか。
自分で体験してみないと何とも言えませんけどね。

Druidsは私も買っちゃおうかなあ。本文にも書いたんですが、このゲームは開発者たちに愛されているなと感じました。手間をかけないのなら定例の移動がメインなお使いクエストでいいのに、ゲームブック形式だと作るのが大変そう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター