CRPGまにあ

Total War: Shogun 2 Demo - Steam Version

投稿日:2011/02/24 |  カテゴリー:Total War: Shogun 2  |  コメント:4  | トラックバック:0
本日解禁となった Total War: Shogun 2 のデモ版ですが、日本からはプレイできないのではと事態を憂慮していたが、Steamの起動時に表示されるニュースページからのみインストールが可能だ。しかし、商品のページ自体は「お前の国ではあかん」状態なので、正直なところもの凄く不愉快だ。

何度も言うがコンシューマーメーカーはしゃしゃり出てこないでほしい。これら、都合のいい時だけ出しゃばってくるコンシューマーメーカーの施しなど不要であり、それこそ出すか出さないか分からない日本語版のせいで、先行き明るいPCダウンロード販売にケチが付くのは心外だ。

腐れたメーカーにはびた一文払いたくないから、都合よく大作リリースの時だけ出てくるのはやめてくれ。英語版で上等だから、手前らと関わりたくないから、頼むから日本の大手コンシューマーメーカーはPC市場に入ってこないでくれ。ろくなことがないし、未来永劫PS3と360を抱えて踏ん反り返ってればいいさ。



とは言え開発のCreative Assemblyは上述の一件とは無関係だ。早速デモ版をインストールしてみましたが、これは戦国好きには必見のゲームです。PCスペックがそこそこ有り、そして戦国時代マニアなら、ゲームをやり込めなくても、勝敗など度外視で購入するだけの価値があるほど煌びやかな光を放っている。

Shogun2 14-45-26-52
戦略モードもなかなか凝っている

デモ版だけの仕様だと思いますが、アンチエイリアス(AA)を有効にできない。正確には「None」の設定しか選べないのですが、これだけ美しいゲームなので、AAは必須とも言えよう。作品によってジャギーが気になるゲームと、ならないゲームの差が結構あるんですが、Shogun 2はそれほどジャギーが目立たないゲームだと感じた。最悪、無しでも気持ちよくプレイできるだろう。

Shogun2 15-20-51-43
溜め息ものの水面です

気になった点が幾つかあり

・フォントが小さい
私のプレイ環境は解像度1920x1200なので、最もフォントが小さくなってしまう状態だが、上掲画像の左上の文字サイズを見ればお分かり頂けるだろう。日本語になるとフォントサイズも大きくなるのだが、日本語に慣れていると英文字の小サイズには閉口してしまう。ちなみに私の視力が低いわけではない。両眼とも1.5~2.0という高い視力です

※不適切な表現がありましたので修正しました。

・画面の回転はキーで行う(デフォルト Q and E)
Total Warシリーズをリスペクトしているからか、King Arthurも全く同じなんですが、WASDにパンを配置しているのは好感触だが、やはり回転はマウス右クリドラッグが無難だ。右クリドラッグはFPSとTPSからの、PCゲームの模範ともいえる操作形態ですが、このゲームは若干そこだけアブノーマルだ。

・ロードが長め
ロードと言うより展開速度なんでしょうけど、長く感じます。私のストレージ環境は、WD5000AAKS x 2、Raid 0 Stripingなので、SSDほどじゃないにせよ結構速い環境です。

Shogun2 14-53-29-71
10代の頃、夢見ていたゲームが今ここに。

以前にKing Arthurの項で「各ユニットの動作が粗末で」と述べたのですが、もうちょっと明確に述べてみると、各ユニットの戦闘でのモーションが雑かつちゃちで、乱戦になると何をしているのか判別できないほどです。「もそもそ」しているだけみたいな、そのような所感だったのですが、Shogun 2は完璧ではないにせよ、各ユニットが生き生きとした動作で「今あんなことやこんなことをしているな」と、伝わってくるほどの躍動感がある。大筒を撃ったときの感触なども良く出来ているし、戦闘シーンのモーションで残念に思うことはないだろう。

Shogun2 23-29-43-73
夜間の攻囲戦。大筒が唸る

とても美麗でハイレベルな画質のゲームなので、Crysisも霞んでしまうほど重量級のゲームかと思いきや、それほど重いとは感じない。私の環境はCPU:1055T 3.6Ghz、GPU:HD5870ですが、大量ユニットの乱戦をアップにするとFPS 20くらいに下がってしまうが、それ以外のシーンでは30~50を推移している。

※解像度は1920x1200、インゲームグラフィックオプションはAA以外は全て最大。SSAOやDepth of Fieldなどのチェックも全てONでの印象です。AAは先述どおり、有効にできない。

King Arthurもかなり重いゲームだが、大体同じぐらいの重さであり、グラフィック品質の差でShogun 2の方が優れたエンジンであるでしょう。体感的に、ここ数年の海外ゲームを遊ぶ下限と言われる9600GT、8800GT、及びHD5570などでも、解像度を下げれば十分快適にプレイ可能ではないだろうか。

Shogun2 23-30-52-28
こちらも夜間の行軍。眼前にお城が迫る

デモ版はチュートリアルと、歴史戦として関が原がプレイ可能だが、チュートリアルはかなり長めだ。数時間ほどプレイしてみたがまだ続く様子。関が原は西軍を担当して徳川に勝つことが目標となるものだが、これがまた難易度ノーマルでも難しい。3回ほど挑戦してみたが、打開策を見出せないまま滅殺されてしまった。

戦略モードはオマケと言われつつも、並みの戦略ゲームより深そうであり
管理する地域が増えれば増えるほど頭を悩ますことになりそうだ。

総括的な初見の印象ですが、これは戦国マニアなら「買うしかない」
美しくて難度も高めですし、素晴らしいです。



今のところSteamからは購入できない。
(GamersGateやGamesplanetなどの事情は分からない)

パッケージ版となると、当Blogからリンクを張っている Game.co.uk、Sendit.com、CD WOW!など。これらのショップだと安定した配給がありそうです。海外から通販をしたことがない人は不安になってしまいそうだが、上記3つのショップは定番ともいえる選択なので、よほどの事がない限り事故は起きないだろう。

海外直送と比べると2000円ほど高くなりますが、国内ショップ I Feel Groovy でTotal War: Shogun 2 - Limited Editonが予約可能となっている。代引きも可能なショップですし、海外からの通販に気が乗らぬ人はI Feelという助け舟がある。

さて、上記3つのサイトでCollector's EditionはSendit.comでしか見当たらないが
これから予約購入してみよう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

いつも楽しく拝見させていただいてます。

セガ名義のPCゲームは(特にTotal War系はメジャーDL販売系は×のパッケ販売&パッケローカライズ物しか日本で購入出来ない)日本弾きは昔からなので気にしてませんでしたが・・・なので最初から海外開発作品の未ローカライズ品は日本への販売配給を考えていないのかと。
元々日本セガサイト見れば分かりますがPCゲームのPの字も無かったりしますね。

ちなみに今回の「Shogun 2」含め前作「Napoléon」などのDL購入はGamesplanetやGetgames(Getgamesは時々クレカで弾いてくれたりますが・・・)£払いですけど予約購入出来た気もします。
怖いのはスチームの認証日本弾きですがTotal War系では今までそこまでの事はされないので、今回も行けるのでは無いかと購入予定です(人柱ともいいますが)

No title

>>mimiさん

はじめまして。
ご来訪いただきありがとうございます。

以前のセガはBaldur's Gateシリーズや
Neverwinter Nightなどの日本語版で、ありがたいメーカーでしたね。

http://sega.jp/cgi-bin/csgame.cgi?hw=11

家庭用ゲームの隅っこに、申し訳ない程度にPCのページが用意されていました。今でもタイピング・オブ・ザ・デッド系のゲームは発売しているようですね。

今回の件も根っこにマルチプラットフォームが絡んでいるのですが、ここ5年ほど、PCユーザーに対して酷い仕打ちをし続け、暗黙の了解のごとく日本ではユーザーをコンソール機に統合しようという意図が見え見えな大手メーカーが、Total Warシリーズにしろ、CIV5なども、これらPC用の大作のときにだけ乗り出してくる狡い経営方針について言及しています。

そういえば忘れていたんですが、DL販売ならGamesplanetは今回も安泰なのかなあ。私は今のところ、パッケージ版やSteam以外のDL販売サイトで購入した品を、Steamで認証させる行為を5回ほど行いましたが、Shogun 2もそこはさすがに大丈夫だと思いますけどね。

No title

いつも楽しく読ませていただいてます。

今回も国内メーカーのおかげで普通にSteamで買ってる人たちにとっては散々ですねえ。
せめて日本語版出るからSteamは我慢しろ、みたいにきちんとアナウンスした上でとかなら我慢もできるし、国内PCゲーム市場のためと思えば多少高くても日本語版買うのですが。それもせずユーザーを宙ぶらりんにした状態でDEMOすらさせないというのはなんか怒りというより呆れを感じてしまいますね・・。

愚痴っぽくなってごめんなさい!ゲームの方はものすごく面白そうなので記事の方も期待してます!!

No title

>>mopetoさん

はじめまして。
mepetoさんもご来訪ありがとうございます。

私の意見は根本にマルチプラットフォームへの憂慮が根付いているので
話が逸脱してしまいがちになるんですが、正にmopetoさんの仰るとおりだと思います。

もしも、日本の代理店、仲介業者がいなければ、余程のことがないかぎり多くのゲームはDL販売サイトで購入できるでしょう。中には購入できないゲームもあるでしょうが、ありがちな大手メーカー産のマルチタイトルのブロックはかなり減少するはずです。

PCで日本語版を発売するから無言ブロック、ならばギリギリ分かる話でもあるんですが、最悪なのはゲーム機にだけ日本語版を発売して、SteamのPC版にブロックが掛かっているものもありますし、こういうことが続くとほんと呆れてしまいますね。

Shogun 2は既に予約したので、届いたらプレイして感想を書いてみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター