CRPGまにあ

迷宮クロスブラッド リーサルパッチ Version 1.200

投稿日:2011/03/10 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0
リーサルパッチを入れて早速プレイしてみましたが、これはもうオープンパンドラで敵の魔法を100%封じられるとか、特殊攻撃も封じられるとか、一見するとプレイヤーが有利になり過ぎてしまいそうな有効技など、最早有って無いようなものだと思えるほどハードです。

取り敢えず、追加要素はゲームをクリアしてやり込んだ人向けなので
微量のネタバレでさえ控えたいから続きに書いてみます。
game001511.jpg
生きて戻りたいから全滅はしたくない

追加ダンジョンでは、魔法のリターンゲートが使用できず、アイテムのリターンゲートも使えない。重要なエリアに至る扉は一方通行なものが多く、配置されているシンボル敵やボスを一定数倒さないと帰還できないので、ハードでありつつも、真剣に戦いに取り組める仕様です。毎度の台詞だが、勝てることが前提となっている昨今の骨無しな北米RPGとは対照的なこの仕様は、コンピュータゲームが本来あるべき姿なのだろう。

オープンパンドラという便利魔法があったとしても、敵側のグループ内だけへ効果が及ぶ特殊能力は防げないし、これには全体回復や強化魔法など様々なものが含まれるので、そう易々と勝てるものではない。1ターン内でBuff消し魔法や技能などを連続使用されることもあるので、アンチデフォルトを掛けておいても、あっさりと丸裸にされることもある。

現在、パーティーのメインブラッドレベルの平均がLv53前後とそれほど高くないからであるが、この追加ダンジョンでは常に総力戦となるほど歯ごたえのある内容だ。敵のレベルは85くらいから100弱のものを確認したが、レベル差があり過ぎるからか、王騎士がイージスをミスすることが多々あり、召術の使役生物なども一撃で葬られてしまう。無論、イージスが機能しなければ、仲間のキャラクターもただでは済まない。

焦らずに、ゆっくりと進めていくことにします。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター