CRPGまにあ

Si-phonの 源平争乱~将軍への道~ 発売日

投稿日:2011/03/20 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
2011年5月20日に決まったようです。

源平争乱~将軍への道~ 公式サイト

上記サイトの「ゲーム内容」を読んで感じたのは、戦ノ国よりも源平争乱の方が面白そうだ。戦ノ国は、誰でも最後まできっちりと遊べるゲーム、リロードを強要されないシステム。などが売り文句となっていたが、訴求力としては押しの弱さが際立ち、実際に遊んでみても、目を見張るような作品ではなかった。シンプルが故に、ロールプレイが引き立つシステムではあったが。

今回の源平争乱は、特に戦略コンピュータゲームでは開発者が目指す所なのではと思える「あちらを立てればこちらが立たぬ」、いい加減な造語ですが「正のジレンマ」とでも言いましょうか。そこに注力している作品なのだろうか。軍隊を大きくしたいが弊害があり、弊害を恐れていては軍は弱いままであり、そこらの狭間でやきもきして、あっという間に時間が過ぎるゲームは良作であるだろう。

ちょっと価格が高いような気もするが、これはSi-phonに限ったことではないんだけど、やっぱり日本のメーカーは損をしている。と言うより、不滅のプラットフォームを軽視し、手っ取り早く金が稼げる市場へ逃げた付けが回ってきているのではないか。

90年代初頭にPC市場を捨てたりせずに、海外への自社PRを怠らず、言語は日本語と英語のデフォルトを信条とし、クオリティー的には最先端など目指さなくても良いのだ。現行メジャーなGamersGateやSteamなどのDL販売サイトを見てみると、零細企業だって十分に健闘している。何をすれば海外に通用するのか、その辺りが全く開拓されておらず、日本の企業は世界で孤立してしまっているだろう。孤立するだけならまだしも、任天堂やカプコンなどの大手以外は最早相手にすらされていない。

極端な理想でしかないが、源平争乱も価格を30ドル程度にし、もちろん日本語と英語が含まれ、Si-phonというメーカーの思想がユーザーに理解されていれば、世界規模のGamersGateなどで販売すれば桁違いの売れ行きになるはず。記事の流れでSi-phonを例にしているだけで、Si-phonに非は一切ありませんけどね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

源平争乱の発売日が決まりましたね。
私の中で、なにやら異常に盛り上がってしまっているので
やや、抑えぎみに、記事をみています。
そうでないと、色々あふれますので(お

ダウンロード販売に関しては日本も、もう少しアグレシブルにやってもらいたいですね。
特に日本の中古PCゲーム価格は高いので、DL販売をやれば、中古があるから売れない!も、解消できると思うのですが。

No title

>>じゃばらさん

当たり前ですけど源平は動作が軽いゲームでしょうから
そういう面では先ほど返信したShogun 2などより有利なので
面白いゲームなら嬉しいんですけどね。

動作が軽いゲームの方が、「よし!」「上がった!」と歓喜できるポイントに早いサイクルで触れられるということで、意味が分かり難いかもしれませんけど。

日本のメーカーは、自サイト上でDL販売を行っている所を結構見かけるんですけど、あれでは限界が初めから見えているような、結局はオフィシャルサイトに訪れるユーザー専用みたいなものですからね。

世界規模のDL販売となると、価格を低く設定できるし
中古市場問題への対処にもなるでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター