CRPGまにあ

Total War: Shogun 2 やっとのことで九州平定

投稿日:2011/04/02 |  カテゴリー:Total War: Shogun 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
Shogun2 19-10-51-50

身に覚えがないのだが、伊東氏と同盟を締結していたことが九州統一の足枷となった。島津家でのキャンペーン勝利条件の一つに、九州の6つの国を手中に収める、というものがあるので、伊東氏やら大友氏と共闘することはまず不可能なのだ。

Shogun2 Wikiでの情報と、数十時間プレイで得た知恵を併せ、序盤における軌道の乗せ方は大体理解できてきたが、Shogun 2の敵AIはかなり攻撃的なので、油断しているとあっさりと城を落とされてしまう。これまでの経験則ですと、このタイプのStrategyでは敵が消極的でゲームが緩く感じられるものばかりだったが、Shogun 2はそのあたりもStrategyマニア、いわゆる「真剣勝負好き」なプレイヤーらが満足感を得られる出来ではないだろうか。

Shogun2 18-41-54-56
九州平定目前で大内氏に突っつかれる図

さすがに上掲画像の戦力差では、守備側ではあったが勝てなかった。画像の赤丸内に注目してほしいのですが、「ドロップインバトルを許可」というチェックボックスがあるでしょう。ここをオンにしますと、マルチプレイ上でそのモードを望んでいるプレイヤーたちが、キャンペーンモードでプレイしているユーザーらの合戦で敵大名を操ることになるようです。なかなか興味深いシステムですが、出来ればサーバー保存モードのキャンペーンが欲しかった。

Shogun2 19-00-44-26
島津武士は他家より強めに設定されている

島津家は士気が高く、刀侍の性能は日本一となっている。ここらの設定は、日本史というより戦国マニアの心情をよく理解しているなという印象だ。

今回の初プレイは、難易度はノーマル、九州の6国と京都を支配下におき、計25州を自国領としなければならない。今後は京へ向けて領土を広げる計画だが、このゲームは外交を疎かにすると手痛いしっぺ返しを食らってしまうので、そこらも抜かり無くプレイせねばならない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

武士の鎧はみんな一緒なんですね。
家とか家系によって個性があって、ユニット費用が高いイメージが武士には
自分の中ではあるんですが、そこまではゲーム性上、表現しずらいものなんでしょうね。

No title

>>armiさん

本日更新した記事の最初の画像を見ればお分かりになると思いますが
部隊の兵科によって若干の違いがあるようです。
他家との違いはそこまで気にして見ていなかったので分かりません。

マルチプレイのアバターは色々といじる事ができて
実績の解除やスキル習得などにより、装備させられるアイテムが追加されるようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター