CRPGまにあ

Dungeons of Dredmor 平穏な雪辱戦

投稿日:2011/07/25 |  カテゴリー:Dungeons of Dredmor  |  コメント:0  | トラックバック:0
game001847.jpg
嬉しい瞬間

挫折したままでは済ませない。早速雪辱戦を開始したのですが、スキル構成は7月20日に書いたPure Casterにして再び同じキャラクターを作り直しました。

前回の近接メイサープレイでは、Dungeon Level 7(以下は地下と表現) に到達しても片方の武器レベルが 5 のままで、Life Regene UPアイテムが出なくて苦戦を強いられたが、今回は地下2階でLife Regene 3の指輪を入手し、画像の地下3階の豚ショップでレベル10魔法使いローブを購入することができた。

このローブは最高品ではないが、早期からレベル10アイテムを装備できたので、楽な展開に持ち込めた要因となっただろう。このゲームのLife Regeneだが、+3だから 1rounds/life+3になる訳ではなく、初期状態がlife+1/7roundsで、ここに+3アイテムを装備すると life+1/4rounds になり、Life回復サイクルが若干低減する効果となる。

LifeもManaも、体感的に6~7roundsで1回復だと相当遅く感じるが、3~4までくるとかなり効果を実感できるようになり、life+1/1roundsまでくるとゲームの難易度が変化したのかと錯覚するほど楽になってくる。

game001850.jpg
最早、別ゲーム

・Artful Dodger
・Astrology
・Promethean Magic
・Blood Mage
・Ley Lines
・Perception
・Burglary

難易度はノーマルとなるDwarvish Moderation、PermadeathはOFF、スキルは上記でプレイした訳ですが、この構成ですと近接武器を持たないPure Casterである。最後までプレイした所感としては、Lv1~3までの超初期は武器が無いと困ることになるが、それ以降、武器は必要ないだろう。離れて戦うことが信条の魔法使いであるし、スキルが充実してくれば、接近されてもBurglaryのLockupで敵をルート、Promethean MagicのSummon Wyrmlingを盾にするなど、信頼のおける回避策が2つもあるのだ。

武器を持たないPromethean Magic使いの場合、先ずはLv3までPromethean Magicを上げて、Summon Wyrmlingを使えるようにすることが第一の目標となる。中盤以降はパワーと体力不足に加え、召喚生物を戦わせると妙なカクツキを感じてしまうシステムであることも原因だが、Summon Wyrmlingは全く使わなくなってしまうが、それまでは武器無しCasterの心強い盾となってくれるだろう。

その後はLey Linesを先にMAXにして(MAXといっても3段階だが)、続いてBlood Mageを上げた。この2つを上げきるとマナ量で不満は全くでなくなる。不満どころかよほど攻撃魔法を連射でもしない限り、マナが枯れることなど有り得ないので、マナ回復ドリンクは無用の長物となった。

game001857h.jpg
そしてこの顔である

結果的に6~7時間程度で最下層に到達し、Lord Dredmorを倒すことができたが、ここまで近接と魔法使いのプレイフィーリング、そして強さに差があるゲームは生まれて初めてかもしれない。そう思ってしまうほどゲームの難度が変化した。可笑しな例えをしてみるが、Dungeon of DredmorのPromethean Magic使いは花京院典明のエメラルドスプラッシュで、近接タイプはダニエル・J・ダービーの肉弾戦と言ったところか。それだけ違うのさ。

Promethean Magic使いはObvious Fireballを連打するだけという、後半は味気ない戦術ばかりになってしまうが、元よりローグライクもHack and Slashも単調上等なゲーム性であるし、そこは短所とはならないだろう。

これだけ魔法使いと戦士に力の差があると、やっぱり戦士タイプで制覇したくなるが、悍ましいほどの茨の道となるだろう。難易度を最高のGoing Rogueにして、Permadeathを有効にしたモードで、セーブファイルをバックアップするという妙策になど手を染めずに、見事Lord Dredmorを倒した人に対しては、師匠と呼んでしまうかもしれない私であった。

現段階では若干の不安定な挙動を示す時もあれば、スキルのバランスなどは今後も手が入りそうであるから、もう少し寝かせてから再度挑戦することにしよう。そのときは戦士スキルやクラフトスキルなどを交えて、個性的なキャラクターで挑んでみたい。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター