CRPGまにあ

迷宮クロスブラッドがコンシューマーへ

投稿日:2011/08/03 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0

このPV、プチネタバレしてますぜ

今年プレイした作品群では上位に食い込む迷宮クロスブラッド。元より国産Wizは海外本家Wizardryをお手本としてきた訳ですが、このゲームの場合は戦闘システムの構造が後期Wizardryに近くなっており、その中でもWiz8を意識した作りとなっている。枠は前期Wizardryの発展版で、戦闘面でやり取りされる数値は後期Wizといった具合だ。

前期Wizと比較すると、攻撃時の「攻撃回数」が1~4回程度に下がっており、これは後期Wizardryで改変されたヒット数と共通で、スキルの使い方により戦闘の大局が決するバランスも全く同じで、さらに言えばスキルの性能などWiz8からそのままの物まであるほどだ。

紛れもなく面白いゲームなんですが、競合作品やメーカーが少ないからか、或いは、PCからの移植が容易だから360を選択したのかもしれないけれど、エクスシリーズの起源としてもユーザー層としても、据置きならPS3の方が遊んでくれるプレイヤーが多いだろうし、時代の流れとしてはPSPで出せばさらに間口が広がったのにとも感じ取れる。時代というワードで勘案するのなら、販路と価格が問題になってくるが、それこそiOSやAndroidに移植する方が先見性があるのではと思えてくる。

同じような国産紙芝居システムのゲームが多数存在する18禁エロゲー作品群でも、昨今では16:9のワイドに対応した作品が増えてきているので、PCの次回作は是非ともワイドに対応してほしいものだ。個人的な趣向としては今でもスクエアが最も見やすいのだけど、このご時世 4:3 5:4のモニターを新たに購入することは有り得ないし、数年ほど前からのモニター価格の大暴落で、既に多くのPCユーザーは 16:9 16:10 環境に移行しているから。それに、ノートPCなどは全て16:9だからね。

追加要素などもあるんでしょうが、何より気になるのは「愛音チャペル」関連がどうなるのか見物である。おっぱいビッチとか精子云々とか、文字としてのお下品さは問題ないレベルだと思えるが、愛音チャペルの物語は宗教自体をホニャららしているから、そこらは全て作り変えになるのではないかなあ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター