CRPGまにあ

初代ペルソナ - ゴールが目前。

投稿日:2011/08/12 |  カテゴリー:女神異聞録ペルソナ  |  コメント:0  | トラックバック:0
amarec20110811a.jpg
最終ペルソナはこいつに。

Wikiに限らず、検索をかけると未だに初代ペルソナの「ペルソナ作成及び育成講座」の個人サイトが多数見つかりますが、それだけの根強い人気の理由は終盤までプレイすると良く理解できます。

エンカウント過多なバランスは初級~中級プレイヤーの意欲奪い、CD-ROM直読み込みのもっさり感は時代錯誤も甚だしく、シナリオは以前にどこかで見たような既視感を誘い、エンカウント過多故の育ち過ぎによる緩くなりがちな戦闘に加え、古い作品ではお約束のインターフェースが洗練されていないことなども。さらには「分かれ道の片方は行き止まり」、のみで構築されたデザインセンスの欠片も感じられない3Dダンジョンは、凡作以下かと思ってしまうほど。

然し、上述の負の要素を一撃のもとに粉砕してしまう優れたポイントが、ペルソナの作成と育成だ。ペルソナシステムの評価だけでも、この作品を名作と呼んでも差し支えはない。

amarec20110812d.jpg
中盤以降はあっという間に育ってしまった

初代ペルソナは、ペルソナ作成の秘訣を理解しない事には楽しめない作品だと感じる。序盤から中盤には掛けては、ペルソナ作成よりもシナリオに目が行ってしまい、そうなるとエンカウントの連続が非常に煩わしくなってしまう。

中盤にかけて「はなこさんのカード取ってなかったなぁ」「FOOL作成は面倒だけど遣り甲斐がある」などと思い始めたらそこでエンジンが始動。そこからは、探索している、物語を追っている、という思考よりも、「常に育成している」「カードを集めている」という思考が勝ってしまい、そうなればエンカウント過多なシステムさえ許容できるようになってくる。

amarec20110811b.jpg
お気に入りのペルソナ「ウシャス」。どう見ても逸物だ

最後のダンジョン以降に何かあるのかは不明ですが
取り敢えず最終仕様ペルソナは

・主人公
Lv61 FOOLカマクラゴンゴロウ
FOOL生成事故で潜在復活付き。魔法石はメディアラハンの半月の石版

・マキ
Lv53 PRIESTESSウシャス
Lv43鬼女サロメxLv50外道シャドウ+魔法石はマハマグダインの震魔の石版
潜在復活付きで既に3回ほど育てており、主砲となっている。
Lv61ヴェルザンディのマハジオダイン継承を作りたいが、難しい問題。

・南条くん
Lv60 JUDGEMENTヤマオカ
幽鬼xLv41屍鬼ゾンビペインター+鼈甲ぶちの眼鏡
潜在復活付きだが南条くんのレベルが低くて降魔できず。

・マーク
Lv47 FOOLナルカミ
FOOL生成事故で潜在復活付き。魔法石はメディアラハンの半月の石版
ナルカミもLv+8を3回ほどクリアしており、我が方の主砲だ。

・ブラウン
Lv59 HANGEDMANバルバトス
夜魔x悪霊+魔法石はマハジオダインの閃光の石版
こちらも潜在復活付きだが、ブラウンのレベルが低くて降魔できず。

以上。
ペルソナ攻略サイト諸氏に敬礼。

amarec20110809f.jpg
魔法石はこれで購入

スロットがかなり緩く作られているが、ポーカーのジャックポット狙いが最も効率が良さそうな。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター