CRPGまにあ

Drakensang: The Dark Eye 第3回

投稿日:2011/08/30 |  カテゴリー:Drakensang: The Dark Eye  |  コメント:3  | トラックバック:0
drakensang 02-11-08-71
9ヶ月ぶりにAvestureへトリップ

主人公キャラとしたのは手癖が悪い盗賊の女子である。Drakensangでは様々なクラスを選択することができるが、先に進めば仲間になるキャラクターを自在に入れ替えることが可能なので、どんなクラスにしても支障はないと思われる。序盤に有利な資質、とかはあるだろうけどね。

drakensang 00-22-05-00
Rhulanaの仕事にして良いのかどうか

少しだけPlant Loreにポイントを突っ込み、草花摘みをRhulanaにやらせているが、どちらかと言うとインテリが得意分野としているTalentなので、いわゆる脳筋のRhulanaには不向きなのではないだろうか。割り振ったポイントはごく微量なので、いずれ仲間が増えてきたら再考してみよう。

drakensang 02-19-54-23
よく見てみると、血しぶき有り

一般的に、ドイツは流血表現に厳しくエロに寛容、米国はその真逆であり、日本は表向き流血や暴力表現には厳しいが、裏側で暗躍するエロは、諸外国から「hentai」というジャンル付けで呼ばれるほどだ。がしかし、私はけして日本のエロを陰湿だとは思わない。エロの力は生物が繁栄していく上で不可欠であるし、単に国産アニメ文化との融合が容易であり好適だったこと。ただそれだけだと思っている。(既出ですがDrakensangはドイツ生まれ)

drakensang 02-50-02-69
友達だったら困る筆頭

クエストを一つずつ書き記していくと途方も無い時間が掛かるのですっ飛ばしているが、NPC Salinaの恋人であり、ちょっとした問題を起こしているお茶目な兄さんだ。ちなみにDranorは3人目に仲間にすることが可能な人物であるが、ThiefではなくRogueなので、ピッキングなどの能力はThiefより若干劣りそうだ。その他面、口八丁手八丁な性格と柔和な容姿から、社交性に長けたキャラクターとなっている。

drakensang 02-50-28-36
こちらはSalinaとHamlok兄妹

Salinaからの依頼を解決すると、Salinaが身元を保証する一人として一筆認めてくれる。もう一人はAvestureに滞在している飲んだくれの魔術師だが、弟子も飲兵衛のようで困ったものだ。魔術師はとある洞窟に居るようで、その洞窟とはDrakensang初回プレイで酷い目にあった「猛者熊」の洞窟である。

drakensang 23-54-55-88
今回は楽勝だ

魔術師じいさんはNPC扱いなので、パーティーに入っても操作できないが、戦いになると魔法を惜しみなく使って参戦してくれる。先に魔術師と話して仲間に引き入れ、その後に熊と戦えば、じいさんはMesmerize系の魔法などで熊を無力化してくれるから、かなり楽に勝つことができた。

洞窟を出てAvestureの通りで落ち合う約束をし、もう一度会ったときに魔術師じいさんも身元保証人として一筆認めてくれた。DrakensangはBaldur's Gate然とした作りであり、広めのエリア複数で大きな世界が構成されている。Avestureだけは特殊なようで、一度出ると戻れないという情報を過去に聞いたことがあるから、ここでの買い物やTalentなどのトレーニングも周密に行っておいた。

drakensang 04-57-33-57
これで外に出られる

何やらDranorも一緒に着いてきたが、余り気にしないでおこう。
向かうは旧友ArdoのいるFerdokだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

つまり、このゲームはエロいんですね!
(※そんな記事ではありません
画像などを見ていると、面白そうですね。
最近、また面白そうなRPGを探しているんですが
なかなか、うまいことを見つからなくて難儀中です。
英語ができれば楽なんですけどね。。。日本語版。。。

Dranorさんは、あの情けなさそうな顔が個人的にツボです。
やはり、こういう小物風キャラは物語には必要ですよね。

No title

どうも、こんばんは。

英語の壁が厚そうなのにレビュー読むと面白そうで
買っちゃうけど積むと。

Legend of Grimrockも面白そうですねぇ。

Re: No title

>>じゃばらさん

いえ、結構エロいかもしれませんよ(笑)
えろいと言うか、男女とも脱いだらなかなか見事な体になります。

Drakensangは面白いRPGだと思いますけど、そのままだと英文が多い方ですし
ユーザーの日本語化MODは機械訳のはずで、プレイすると疲れる部類かもしれません。

この後Dranorは衛兵を恐れてパーティーを離脱したので
小物全開ですよ。


>>starjes2005さん

Drakensangはセールの常連品でもあるので
海外RPG好きなら殆どの人が持ってそうですけどね。
Legend of Grimrockは文章量が少なそうに見えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター