CRPGまにあ

戦ノ国Ver1.5無償アップグレードの配信が始まった

投稿日:2011/09/01 |  カテゴリー:戦ノ国~もののふ絵巻~  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002176b.jpg
Ver1.5からイメージが一新された

変更や修正の要点解説は、zabaraさんのBlogが分かり易いです。

画像を見て一目瞭然ですが、色使いが落ち着いたものに変更され、インターフェース位置の見直しも行われている。個人的に「やっと分かってくれたか」と感じた改善ポイントは。

game002180c.jpg
全てではないが、右クリックでキャンセル(閉じる)に対応した

画像の直接 国 をクリックした情報ウインドウなどは、中止をクリックしなくても右クリックで閉じることが可能になった。ただ若干気になることがありまして、内政期間の俸禄、知行などのウインドウは同様に右クリックでキャンセルできるが、それ以外のウインドウは従前どおり中止を毎回クリックせねばならない。

PCゲームの場合は、何千何万回と反復することになる「クリックの選択」及び「閉じて元に戻る動作」、この動きをストレス無く捌けるシステムが良作としての条件だろう。往々にして海外ゲームは「ESC」キーが閉じるに対応しているので、私の場合は常にマウスのセンターキーにESCを登録しているからとても円滑な操作が可能となるが、国産PCゲームの場合は右クリックが閉じる(キャンセル)で作られている作品ばかりだ。

出来れば後のアップデートで、全てのウインドウを右クリキャンセル可能になれば
操作性がさらに改善されるのだが。

game002180b.jpg
戦ノ国では初見

戦国のアイドルである信繁ですが、1567年生まれだからこれまでのプレイではお目に掛かることが無かったが、Ver1.5の新シナリオは1574年スタートなので、信繁などの戦国時代後期に活躍した武将が直ぐに使える状態になった。

ざっと見たところ、新シナリオだけではなく、全体的に操作性やゲームバランスが改善され、欲しかった機能も追加になり、良好なアップデートになっているだろう。

もう一つ歓喜した事柄がありまして、マニュアル代わりのPDFによる読み易い変更点解説と、読み応えのあるPDFファイルでの「Si-phonGameClub2011夏号外」で語られる新仕様Ver1.5の特長など、他社では見られないユーザーフレンドリーな配慮は、とても気が利いたメーカーだと改めて感じた。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター