CRPGまにあ

戦女神2と戦女神ZEROのDL版 - 10月31日まで半額

投稿日:2011/10/06 |  カテゴリー:戦女神2  |  コメント:0  | トラックバック:0
DiGiket.com - 戦女神2ページへリンク
DLsite.com - 戦女神2ページへリンク
(18禁サイトです)

どこで購入しても期間中はDL版 半額となっている。

半額になっても戦女神2は2300円、戦女神ZEROは3000円なんですが、定価よりは明らかに安い。このシリーズは戦女神2しかプレイしていませんが、エロゲーらしからぬ気品を纏った清らかな作品だ。

国産CRPGらしい作りで、極太な物語が好きで、やり込み要素が高く、ずっしりと遊べるゲームを探している人には御誂えだ。操作性がとても優れているところも評価できるポイントであり、難度はどちらかと言うと低めであるし、難しいことを考えずに「育成して進んで物語を感じて」というサイクルが気持ちよいゲームだと言えよう。

プレイ済みの人間からの助言になりますが、このシリーズをプレイするのなら、出来る限り発売年次順にするのがベストだと思える。戦女神2には初代戦女神のビジュアルノベル版が同梱されているので、話の流れが掴めるから好都合なのだが、できれば読み終えて即戦女神2をプレイし始めれば気持ちの高ぶりが増すだろう。無論、ビジュアルノベル版よりも2の方が断然面白い。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター