CRPGまにあ

2つばかり気になるニュース

投稿日:2011/10/07 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
1C Company初となるMMORPG Royal Quest の開発を手がけるのは、新生King's Bountyでお馴染みのKatauri Interactiveでして、そちらへ注力していることからシングルゲームの開発は当分ないだろうと予測していたが、King's Bountyのシステムをそのまま利用する形で新作が発売されるようです。

King`s Bounty: Warriors of the North - 1C Companyのページへリンク

前作Armored Princessで主役を務めた美形の姫様から一転して豪いことになるようだが、CRPGは骨太野郎に限るという嗜好の人にはたまらない作品となりそうだ。当たり前だが新奇なものは一切無いでしょうが、M&M Heroesと同様に優れたシステムとして定評がある新生King's Bountyなので、良作であることは保障されたようなものだろう。

個人的に気になるポイントは
New plot, telling the story of the fight between the Good and the Evil, betrayal and love
New companions – 5 Valkyries, assisting Olaf on the field of battle.

この「ニューキャンペーン」がどれほどの規模なのか。Crossworldのような小粒ではなくて、LegendやArmored Princessのような大型作品ならかなり楽しめそう。

発売日はまだまだ先。2012年の春。



Big Changes to Cryptic's Neverwinter

当Blogで何度も話題にしているCrypticのNeverwinterですが、ここにきて当初の仕様であったCo-op重視のMORPGから、free-to-playのMMORPGに変更されるというニュースが飛び込んできた。free-to-playと言えば聞こえが良いが、私の認識としては「ゲームの皮を被った民間搾取ツール」といったところで、いわゆるアイテム課金タイプのゲームである。その本質はパチンコやスロット、或いは、賭博などと共通するところがあり、分別のある大人がプレイするならまだしも、右も左も分からない10代の子供たちが触れるには余りにも危険すぎるシステムだ。

まあそんな訳でして、CrypticのNeverwinter、AtariがパブリッシャーのNeverwinter。なんだそれは、私には見えない、何も聞こえない。そう、何も知らなかったんだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

ずっと・・・ずっと期待していたNeverwinterがこんな結果になってしまって非常に残念ですね・・・

Re: No title

アイテム課金となると、もはや同じジャンルではないですからね。
多くの人が失望していることでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター