CRPGまにあ

ゲーム好きだからこそ、CPUはどうでもいい

投稿日:2011/10/16 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4  | トラックバック:0
「どうしてそうなったの」と話題の渦中にあるAMDのBulldozerですが、以前から述べているように、既にCPUパワーは行き着くところまで行っている感がある。低い解像度や低負荷なグラフィック処理でフレームレートが増すことに、最早価値は見出せなくなっている。

今回対象となるのは、FullHD及びWUXGAなどの解像度を堪能できるパソコンになるが、低い解像度でのプレイ、或いは横1920以上にしてもフレームレートが伸びるような軽いゲームなら、そこそこのCPUを用いれば十分快適にプレイできるだろう。ここで言う「そこそこ」とは、Deneb Propus Llanoなどが該当する。

逆に横1920以上の解像度、AAは4x設定以上での重いゲームなどは、CPU性能はあまり意味をなさない。こちらのベンチ結果がそれを具現化しているが、重いゲームなら0xAAだとしてもCPUの差は決定的にならないのだ。とは言ってもBulldozerは負荷時の消費電力が多すぎる嫌いがあり、ゲームの為にBulldozerを購入することは得策ではないだろう。

そんな訳で、趣旨としては(ノートパソコンは含まれない)
・CPUはコストパフォーマンスが良い物を選択したい
・出来れば物理4コア以上は欲しい
・今後の指標はワットパフォーマンス重視

・軽いゲームなら、それこそ古めのC2D or Q、PhenomII4コアでも上等
・重いゲームの高解像度ではCPUの優劣は殆ど無い(なのでDeneb4コアで上等)
・重いゲームではGPUがやはり重要

以前にも上記のを書いていますけど、今買うのならSandy Bridgeのi5、i7がお約束のごとく正しい選択であるだろう。私は向こう2年ほど、現在使用しているThuban 3.5Gで行ってみよう。

・上記はゲームをプレイすることのみに限定した持論です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

私はCPUで費用を抑えるとき、キャッシュ容量はできるだけ多いSKUの中の低クロック品をチョイスする感じです。SandyはOCがしにくいのであれですが、基本クロックはOCできるけどキャッシュ量は増やせないからです。キャッシュは結構3Dには効きますから。

ただ未だ965Pマザー+C2Qなうちのマシン。Ivy来るまでに壊れないでと祈ってます(汗

Re: No title

>>Flexscanさん

キャッシュも上述持論の範疇に入りますが
私も購入するときはキャッシュが多い上位モデルにしますけどね。

サブ機はE3400+G31+7600GTで、GPUもCPUもクロックを下げて使っていますが
ネット、軽めの海外Indie物、国産紙芝居系PCゲームならまだまだ使えそうです。

・追記ですが
キャッシュが少ないと引っかかりが発生したり
ゲームによってかなり効くものがあるから、そういう意味ではとても重要ですね。

No title

こんばんは。私はcore2duoe8600と9800GT(512M)で耐えています(笑)
でもRAGEを試してみたら、HD,AA×2でサクサク動いたので驚いています。(メモリ8Gも作用したのかな)

これならSkylimも大丈夫そうなので安心しています。

22nm世代のGPUを1度購入するかもしれませんが、WIN8まで頑張ってみようと思ってます。

Re: No title

>>faustinoさん

C2D Wolfdaleや9800GT 8800GTなどはまさに名器ですね。
使ってきた中で印象深くてお気に入りは、CPUはC2D E8500
マザーはG31M-S2L(まだ現役)、GPUはTi4200と55nm版GTX260になるかな。

基本的にSkyrimはゲーム機の作品ですし、9800GTでも設定を少し下げれば快適に遊べるでしょうね。なんだかんだ言ってOblivionと大差ないだろうと予想しています。

CPUはIvy bridgeが楽しみですが、GPUは6870の後継がリファレンスモデルでVRAMが2GBあって、6870並みの価格で出てきたら久々にCFXをしてみようかなと今から妄想したりしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター