CRPGまにあ

Might & Magic Heroes VI - 理想郷が今ここに

投稿日:2011/10/24 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:6  | トラックバック:0
初代King's Bountyを起源とし、開発メーカーが移り変わりながら6作目まできたHeroes M&Mシリーズですが、本作MMH6はその歴史に恥じない完成度を誇っており、Strategy-RPGが好きな人にとっては正に時間泥棒と化すだろう。

本作で注目したいポイントとして、UBIのオンラインシステムとの融合がとても上手く機能していることだ。安易にシリアルキーを入力するだけのDRMとは違って、ネットに繋いでいる醍醐味をプレイヤーが味わえるシステムであり、シングルゲーム(一人遊び)だとしても有効に作用しているだろう。

PCゲームに於けるDRMとは、その多くはお金を払った消費者に無駄な負担が掛かるだけの物ばかりであったが、著作権の保護をしつつ、ユーザーが楽しめるシステムの構築をしているUBIは、なかなかの手腕だと考えを改めたところです。UBIは嫌いだと明言していた私ですが、この点に関してはこれまで触ってきたシステムの中で最高かもしれない。

その優れたオンラインシステムと由緒正しきSRPGが組み合わさったのだから
必然的に面白さの度合いが大きくなるだろう。




Might  Magic Heroes VI 17-42-23-92
Achievements(実績)

実績とは遊び要素が増す自己満足的なものとなっている作品が過半数を占めているが、MMH6では実績を解除すると Dynasty Seals というポイントが増えていく。そのポイントは、Dynasty Weapon、Dynasty Traits、ポートレートなどと交換できます。(僅かながらユニットが強化される実績報酬も有り)

Might  Magic Heroes VI 17-42-31-20
ユーザーランクが上がれば品も増えていく

ユーザーランクとは Dynasty Level のことなんですが、MMH6はどんなゲームモードでプレイしていても、Dynasty Experienceという、いわゆるユーザー経験値が増えていき、一定のレベルに達すれば、Iron→Bronze→Silver→Gold→Platinum、といった具合にランクが上がっていきます。

最初はIronで、レベル10でBronze、以後も同様な条件なので先が長いけれど、何かとユーザー経験値が増えていくのは嬉しいものだ。知人にデモばかりだと勿体ないよと進言したのはこのような理由からです。

Might  Magic Heroes VI 17-39-39-82
他にもCreatureの能力やゲーム中では見れないCGなども有り



MMH6 111024a
これは起動時のランチャーから貰える報酬

UplayはUBIのゲームで稼いだポイントなら全て共通のようで、既にポイントが貯まっているのなら直ぐにでも入手できる。本作MMH6の場合は、Dynasty Weaponを獲得したり、Dynasty Levelが2とか、他にはキャンペーンをクリアしたりすれば、画像の報酬を貰えるだけのポイントが貯まるのだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

こういうゲーム外のシステムで楽しませるのって
私はかなり好きなんですよねー。
デモはオフィシャルかどっかで出た最初のを合わせると
すでに15時間くらいやってますよ(笑

ウー早く製品版が欲しいです。

アイテム課金ゲームといえばモバゲーベイスターズ

>>ginkageさん

形態からして別物ですけど、アイテム課金ゲームとかでは当たり前のシステムだとしても、普通のシングルゲームでここまで遊ばせてくれるシステムとなると、なかなか珍しいですよね。私もこういうのを待っていましたよ。15時間もやってればDynasty Levelが10になってるかもよ(笑)

惰性としてですが、楽しみにしているSacred 3も、こういった先人の知恵に倣っていい感じで出てきて欲しいものです。Sacred 2はそういう意味でも残念なところが沢山ありましたからね。

No title

実績システムが上手く機能している物と
してはスタークラフト2何かもそうでした、
ポートレートを手に入れたり、実績アイコンを飾ったりと。
今はダンジョンディフェンダーズにハマってるので、
何とか耐えていたすがそうでなかったら直ぐにでも購入しそうです。
所でSさんはダンジョンディフェンダーズやらないんですか?
主に枯れ紅葉さんとやってるんですが、メンバーが足りないんですよー
おっと脱線失礼。


Re: No title

>>ginkageさん

SC2は未プレイですが、ブリのゲームこそシングル(MOも含む)なのにサーバー保存の先がけみたいなものだから、大体予想はつきますけど優れたシステムなんでしょうね。

MMH6はマルチのマッチメイキングが無いことと、シングルでのサバ保存キャンペーンが無いこと。この2つはやっぱり欲しかったです。マルチのほうはマップモードでもいいし、Duelもあるから、サーバーを介してランキングなどがあればさらに良かったんじゃないかなあ。

Orc Must DieとDungeon Defenderは良さそうだなと思っていたゲームですが、Orcの方はデモでお腹いっぱいになりました。Defenderはかなりの良作っぽいですが、安いしとりあえず買っちゃおうかな。

No title

OMDは私もデモはプレイしましたが如何にもXBLA用ゲームで
好きになれませんでした。
Dungeon DefendersはTDと言うよりハクスラとして楽しんでます。
もし購入されたらご一緒しましょう。

Re: No title

>>ginkageさん

Orcは分かり易くて良いゲームだと思うんですが、
ネタっぽい言い方だけど喧嘩マンとロビンマスクのエピソードみたいな。
組んだ瞬間に全てが見えてしまった気分でした。知り合いとのマルチは面白そうだけど。

Defendersを購入したら一緒にやりましょう。
今年は個人的に当たり年なので、やりたいゲームだらけなのが困りものですけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター