CRPGまにあ

Dungeon Lords

投稿日:2009/06/04 |  カテゴリー:Dungeon Lords  |  コメント:0  | トラックバック:0
終わりました。
面白いとかつまらないとか言う以前に、非常に疲れました。

dl090604a.jpg
お気に入りの敵キャラ。これぞウィッチ。

恐らくこのゲームは、完全にノーヒントで一切情報サイトを見ずに、マップ全踏査を目標にしてプレイしたら、余裕で100時間以上かかりそうな。それだけボリューム的にはすごい代物だと思います。

基本的にメインクエストを追うだけの一本道シナリオなんですが、それなのにここまでのボリュームを感じさせるのは、これはもう「Bradleyさんの手腕の成せる技」という一言に尽きるでしょう。

恥ずかしながら終盤はもう気力がつきかけてきて、そこへ追い討ちをかけるように難解なパズルの連続と、雄叫びを上げつつ無尽蔵にわいてくる魔物軍団…もう倒れそうになってきたので、海外の情報サイトをけっこう見てしまいました。※疲れきってしまったのも理由だけど、今年はまだまだ連続でゲームをプレイしたいので、早く終わらせたいという気持ちもあって。

dl090604b.jpg
最終的にレベル33でした。ADV Point 1270万も余ってしまったよ。

最近発売されるゲームは、特に大手の作品だと映画顔負けなプロモーションを行っているようですが、何かこう、我々のようなプレイヤーとの間に溝が出来始めているような気がします。少なくとも私はそんなもの望んでいない。

全てにおいて古風なDungeon Lordsは、私のように近頃溢れている商業的な作品に対して懐疑的な人や、生粋のパソコンゲーマーにとっても、かけがえのないオアシスのようなゲームだと思いました。

発売当初は近辺マップ機能でさえ存在しなかったようで、あまりにも未完成な出来で、そこらで悪評が広まったようです。プレイしていて「そりゃないよ」というおかしな点がいくつかあったけど、私が体験したのは進行不可能になるほどの物ではなかったです。Collectors EditionのVer1.5とは言わず、せめてVer1.4程度のクオリティーになってからリリースしていたら、少しは評価が上向きになっていたでしょうに。

予定では半年後に続編扱いのOrb and the Oracleが発売するみたいで、Dungeon Lordsをプレイしてみて、どんな姿で登場してもまあこれなら大丈夫じゃないかなぁと安心しました。仮に画質のみ美しくなって、その他はそのまま焼き直しだったとしても、キャラクタービルドやパズル性が高い謎解きだけで、また十分楽しめると思います。

この作品は進行不可能になるバグを抱え込んでいたり、バグと呼べるほど酷くはないけど壁や木などに引っかかりまくり、這い出せない事はないけど落とし穴もそこらに沢山あるし、進行上これではあまりにも不親切じゃない?という箇所もけっこうありました。

これって結局、中小企業だからこその至らなさだと思うんですが、今後は大手と中小企業の差が、さらに顕著に現れてきそうな予感。

・バグも少なくシステムも洗練されプレイアビリティーが高いが、すでに魂が抜けきった大手のゲーム。

・至らなさやバグやボリューム不足などの問題を抱え込んではいるが、PCゲームとしてのハートを失っていない作品。

このような思考は多くの方にとって、時代錯誤に映るかもしれない。しかし、30年以上、何事もなくPCゲームは1つの文化として存在し続けてきたんです。そう思わせる原因は他にあるわけで、そこに目を向けなければ。

というわけで4年遅れですがプレイできて良かったです。今後も無理をせずに、素晴らしいゲームを作り続けてほしいものです。私のような変わり者プレイヤーは、しっかりと見ていますので。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター