CRPGまにあ

社交辞令とは言わせない - 久々にSteamでお買い物

投稿日:2011/11/01 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002337.jpg
今回は2本ともに購入者が沢山いそうだ

Depths of PerilはSoldak Entertaimentの作品で、某FC2ブログでその発足について詳細に語られている。Vampire: The Masqueradeはコアなファンが大勢いる人気作だ。確か、この作品をなぞったMorrowind MODがあったような。

買ってみたものの、直ぐにプレイする予定はないけど、格安セールは企業にとっても消費者にとってもプラスに働く歓迎される商法だろう。本来は購入するはずがなかった作品だからこそ格安セールで買うわけだから、有り得なかった所からの収益となり、仮に1円だろうと10円だったとしても企業にとってプラスである。DL販売だからこそ仲介などの柵も無い。

もしも購入した作品が気に入れば、そのデベロッパの他作品に興味を持つだろうし、シリーズ物ならそちらの購入も検討するようになり、晴れてリピーターの誕生というわけだ。

形は違えど私のプレイしているエウシュリー作品群がこれに該当するだろう。戦女神2廉価版があったからこそ神採りアルケミーマイスターや幻燐1を購入したのだから。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター