CRPGまにあ

Might & Magic Heroes VI - Haven Campaignの前に

投稿日:2011/11/03 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:0  | トラックバック:0
Necropolis Campaignをクリアした事によってUplay Point貯まってきたので、報酬のDynasty WeaponとDynasty Heroを取ってみました。

Heroの方はインゲームのDynasty Heroで「Veyer」が追加されているから直ぐに確認できたけど、WeaponはCampaignプレイ中に表示されなくて一瞬驚いてしまったが、Custom Gameでなら普通に装備できる状態になっていた。一度Custom Gameで戦闘でも箱でもいいからWeapon Expを上げるとCampaignでも使えるようになったので、困っている人がいたら試してみると宜しいでしょう。

Might  Magic Heroes VI 23-06-25-38
今回からは計画的に

Reputation Abilitiesは後から変更がきかないようだから、Haven主役のAnton君ではTearsかBloodどちらにすればよいか熟考している。画像はBloodのLevel 3 Abilityだが、Level 2のAbilityと併せて戦術の幅が広がりそうだから、Bloodの方が良さそうに見えるけど、果たしてどうなることか。

HavenはFaction AbilityのGuardian Angelも相当使えそうだから、Anton君レベルが高くなったときのプレイフィーリングが非常に楽しみだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター