CRPGまにあ

Lands of Lore: The Throne of Chaos - 心地よい頭の混乱

投稿日:2011/11/22 |  カテゴリー:Lands of Lore: The Throne of Chaos  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002424a.jpg
変幻自在のスコーシャ

国産ゲームだと敵となるキャラクターでさえ美形であることが当たり前だが、いい顔をしているスコーシャである。Upper Opinwoodからスコーシャの塔へ繋がっているようで、カラスとなって舞い降りてきたスコーシャに魔法で道に障壁を作られてしまい、それ以上は進行不能となってしまった。

game002428b.jpg
Urbish Mining Companyの1階

Urbish Mining Companyは地下4階まであるようだが、本作はご覧のようにマップが不定形で隠されたエリアの有無が予測し難く、慎重に探索しなければ頻繁に小ハマリに陥るかもしれない。現にこのダンジョンから難度がかなり増しているようで、2日ほどUrbish Miningに入り浸っている状態だ。

壁の小さなスイッチなど易しい方で、レバーの組み合わせや複数備え付けられているハンドルの位置や、扉を開ける為に用いる物は鍵型のアイテムとは限らないし、頭を柔らかくして挑む姿勢が要求されるだろう。

game002423a.jpg
Hornet honeyか

2つめは Hornet honey、そして3つめらしい Blood stone も入手したので、残るは Mother Earth と呼ばれるパウダーか試薬だと思われるが、全て入手すればエリクサーが出来上がるのかもしれない。

いずれにしても、昨今のCRPGと同じ気構えで挑むと門前払いを食らってしまう難度であるが、これよりも前の作品はオートマップ機能でさえ搭載していない作品が多く、Lands of Lore程度のゲームバランスが最も心地よい塩梅だと思える。

ゲームの外で行うマッピングという行為に時間を割かれるのは本意ではないが、本作はダンジョンだけに集中してゲームに取り組める。定期的にPCやゲーム機のレトロゲームに触れる機会があるが、今回のLands of Loreは相当高い評価となりそうで、まさに宝石箱のようなダンジョン探索ゲームである。



・DOSBoxのキーマッピングを変更

Lands of Lore はキーボードのテンキーに移動が割り振られているが、テンキーは右側なので、マウスを右手で持つ右利きの人には堪え難いキー配置だ。と言うより私はテンキーやカーソルキーで移動など絶対に出来ない派であり、WASDじゃないとゲームを遊ぶ前にキーボードの位置を変更する必要があるから、やる気がそがれてしまう。

※余談であるが、PC88の頃は右手はテンキー及びカーソルキーだったけどね

game002437a.jpg
DOSBoxは簡単にキーの入れ替えができるようです

本題はゲームのプレイであるから、こういう設定はさくっと終わらせたいのが本音だ。 Ctrlキー+F1 を押すと画像の設定画面が表示されるが、今回はテンキーの8をWに、7をAに、9をDに、5をSに、4をQに、6をEに登録し直した。

1. 画像のテンキー8をクリック
2. 右側に表示される Add をクリックする
3. キーボードの W を押す
4. 変更したいキー全てに同様の操作を
5. Save、そしてExit

これだけで操作し易くなりました。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター