CRPGまにあ

SteamのSkyrimページに日本語表記が戻る

投稿日:2011/12/02 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
game002670.jpg
12月2日現在。価格は59.99ドルのまま

同時に「日本版で使用できる言語は日本語のみです」とかいう文言が消えている。そろそろ購入しようと考えているところなんですが、「実はほにゃららでした~ 残念!」みたいなトラップが発動する可能性も否定できず、12月8日まで待つのが賢いのかなと思いつつも、12月8日前後に79.99ドルおま値砲が搭載される恐れもあるから、ほんとどうしようもないなこれは。

仮におま値砲が発動しても金額としては20ドルしか違いがない訳で、大した差ではないんだけど、Amazonで購入直後に大幅値引きが行われたときに感じる「敗者の気分」と同質のものであるから、できれば味わいたくないものである。

いずれにしても、その経緯は褒められたものではなくても、特に今年に入ってから対応言語に「日本語」が入る作品が増えてきているから、これまで通り真っ当にゲームを愛して、PCで遊ぶ日本人がもっともっと喜べる時代になればいいなと思います。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

No title

ベセスダの日本人社員の人のツイートに書いてあったんですが、公式に日本語対応状況についての記事が掲載されました。
もう、さすがに土壇場で、ってことはなさそうですw
http://www.bethsoft.com/jpn/news/20111202.html
事前情報通り、言語選択の上日本語を選ぶと再インストールになるみたいです。
2回ほどインストールしなおしてますけど、5GB程度なので1時間もかからない感じでした。

Re: No title

>>Blackstarさん

「日本版、英語版について」と、「プリロードデータについて」に書かれている意味合いが少し異なるところが気掛かりですが、さすがにもう大丈夫だと思いたいですね。

何と言うか、Bethesda本社とゼニアジと、そしてSteamも含めて意思の疎通が出来てないのかな。干渉してきているのに他人事のような扱いで、客商売として褒められたものではないですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター