CRPGまにあ

ポテンシャルは高い Hellgate London

投稿日:2009/06/25 |  カテゴリー:Hellgate London  |  コメント:0  | トラックバック:0
公式サイトが死んでいるので、余所からシングル用パッチ1.2を落としてきて、クラスはMarksmanで始めてみました。

hellgate090625a.jpg
画像だけ見れば、とても面白いゲームに思われそう。

Marksmanに限らず、飛び道具系の武器を使用するクラスは一人称でも三人称でもどちらでもプレイ可能で、一人称でプレイしている時の実感はFPSに限りなく近いです。

このゲームを作った方々のカラー、ゲームの本質、などから判断すると間違いなくHack and Slashなんですが、プレイしてみると、これだけジャンルが曖昧な作品は珍しいんじゃないかと思ってしまいます。

hellgate090625b.jpg
これなんて「何ていうFPSのタイトル?」という言葉が出てきそうな

まだAct2に入った辺りの序盤なんですが、このゲームの進行は、人間が掌握しているStationにたどり着き、そこにたむろしている人達からクエストを受けて、Stationからいくつかのエリアに移動できるようになっていて、そちらへ飛んで一仕事してからまたStationに戻る、この繰り返し。その中にメインクエストも含まれているんですが、海外ゲーム特有の機械的かつ淡白な展開が続きます。

もちろん生まれがHack and Slashとして世に出てきているので、淡白だろうとお使いクエストの連続だろうと許容範囲なんだけど、何と言いますか、HUDやユーザインターフェイスの完成度が高すぎて、対照的に淡白な展開やサポートが終了してしまった事実が体感的に浮き彫りになってきて、プレイ中に妙な寂しさを感じてしまう。

hellgate090625c.jpg
すごく洗練されてそうでしょ?実際に素晴らしい出来です

途中まで進めてみて、サイエンスフィクションな世界観といい、銃を持って撃ちまくるスタイルも、武器に埋め込むMODの存在なども、乾ききった機械的な進行なんかも、何かに似ていると感じ始め、MMORPGとMORPGというジャンル違いではありますが、FuncomのAnarchry Onlineのインスタンスダンジョンを、たった一人で黙々と精を出しているプレイスタイルにどんぴしゃと当てはまります。

もちろんAnarchry Onlineはターゲットロックシステムでオートアタックなので、Hellgate Londonのハッスラぶりとはシステム的に一線を画す訳ですが、孤独に1人でインスタンス、これと精神的に共通する趣があります。

本来はみんなでわいわい楽しくマルチで遊ぶのがHellgateの姿なのかもしれないけど、すでにそれも行えず、一人で遊ぶしかない私はこういう感想をもってしまいます。

hellgate090625d.jpg
1920x1200にグラフィックオプション最高でも軽いです。
※平均100FPS前後、敵うじゃうじゃで稀にFPS50をきる程度。

私が使用しているビデオカードはGTX260で、1年ほど前くらいから「洋物ゲーマーならとりあえずGTX260」という格言があったかは定かでないですが、あながち間違ってはいない格言だと思います。

一部最新ゲームではGTX260一枚だときつい物がありますけど、私がここ半年内に試したゲームで、GTX260で「これはきつい」と感じたものはSacred2のみです。他のゲームは全て最高設定+最高解像度で楽にプレイできているんですが、私の場合は古いゲームが多々混ざっていますので、その点はご了承下さい。

で、上の画像ですけど、Hellgateは十分過ぎるほど美しい画質で、赤丸の部分に目を向けると粗が分かってしまいますが、一般的に及第点レベルだと思います。

hellgate090625f.jpg
ボス戦は大迫力です

HellgateはDiabloシリーズの遠い親戚という事もあって、ダンジョン自動生成タイプのゲームなんですが、この美しい3D空間を毎回見事に自動生成するその仕組みだけでも一見の価値あり。

hellgate090625e.jpg
インベントリィを開くと自キャラがアップになる所も小技が利いている。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター