CRPGまにあ

ネタを2つばかり

投稿日:2011/12/07 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
3ヶ月前に英語版が発売されたParadoxの Sengoku ですが、来年の1月27日にやっとのこと日本語版が発売になるようだ。手掛けるのはParadox製品のローカライズでは毎度のサイバーフロント。

3ヶ月どころかもっと前に発売していたような印象だが、それだけ記憶からSengokuが薄れていたのか。Greenman Gamingで購入したSengokuは緑ドルに換金済みでありまして、機会があれば日本語版を考えてみようかな。



Steam - BioShock Infiniteのページ

CIV5日本語版で騒動が起きた2K Gamesだから真に受けることはできないが、BioShockの新作にも日本語の表記がある。おま国やおま値やコンソール機発売日合わせや飛び込みJPN省きなどが起こらずに、そのままSteamで発売されるのなら喜ばしいのだが。

と言うか、真に受けることができないとか、鵜呑みにできないとか、子会社や代理店絡みではいつもこの台詞を言っているような気がするが、誰も好きこのんで口にしている訳ではない。事実を隠蔽することはできないし、ずっとPCゲームに触れてきた人間の、ありのままの気持ちである。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター